CATEGORY せどりアプリ

せどりアプリ

せどり歴5年の僕が教える「せどりすと」の使い方【せどり入門編】

いつもありがとうございます、ゴウです。 せどりで稼ぐためにはツールは必須です。 プロのせどらーも「これはいけるぞ!」 みたいに感覚で仕入れてるのではなく ツールで理論的に仕入れをしています。   せどりを始めて「ツールを使おう」としても せどりのツールはたくさんあり過ぎて どれがいいのか分からないですよね?? 有料、無料のツールがあり機能も様々です。   そんな方に迷わず選んでいただきたいのが 「せどりすと」というスマホアプリです。 僕は5年以上せどりをしているので 色々なツールやアプリを使いましたが 特にオススメなのが「せどりすと」です^^ しかも「せどりすと」は使いやすい上に なんと無料で利用する事が出来るんですね! ※開発者の方には感謝しかありませんね^^   今日はそんな最強ツールである 「せどりすと」の使い方を書きます! ※中古せどりの判断基準になります!   「せどりすと」とは?   iphone専用のせどり効率化ツールです。 カメラバーコードリーダー搭載なので iphoneのカメラ機能と連動して 商品バーコードを素早く読み込みます。   カメラ機能以外にも充実の機能で Amazon価格(価格差チェック) Amazonランク表示(売れ行きチェック) さらには商品の利益計算などもできます。   これだけの機能がついてるにもかかわらず 広告運用により全機能完全無料です。 仕入れの度に感謝しています^^ アプリをダウンロード iphoneのAPP STOREにアクセスします。 検索窓に「せどりすと」と入力。 APP STOREで「せどりすと」と検索してダウンロードしてください。 スマホの待ち受け画面にアプリが出てきたらダウンロード完了です。 ↑↑ スマホにこの画像が表示されたら。 「せどりすと」が利用可能です。   特に細かい初期設定は必要なく そのまま使用していただけます^^ 実際の検索の流れ バーコードを探して検索 ここからの説明の内容は 仕入れ現場での検索の流れになります。   今回は写真の商品で説明していきます。 まずせどりすとでバーコードを読むために 箱の裏を見てみましょう!   4988601003001とありますね! この13桁の数字がバーコードです。 ※ISBN、JANコードという呼び方もある この数字をせどりすとカメラでスキャン。 せどりすとカメラをバーコードに当てると 自動でバーコードを読み込みます。 当てた瞬間に読み込むスピード感で 連続で読み込みも出来る高性能です^^   このように商品画像と商品タイトルが 表示されたら読み込み完了です! バーコードがない場合は?? バーコードがない商品を検索する時は 商品名をアプリのキーワード検索窓に 直接入力していきます。   アプリ下に表示されている部分の 「キーワード」というところをタップして 「ドラゴンクエスト3」と入力します。   商品名と画像が表示されたら読み込み成功! 多くの人が検索していると推測出来るのなら 多少違うキーワードで検索も可能です。 例えば今回の場合でいうと「ドラクエ3」。 入力するのが長すぎる場合は キーワードを短縮するなどしましょう^^   それではここから具体的な リサーチの時の判断基準について書きます。 リサーチの判断基準   検索作業で表示された商品のトップページ。 他の出品者などの細かいリサーチをする前に この画面で確認すべきポイントは3つです。   1、価格差が出そうなのか? 2、新品出品の価格が高いか? 3、需要がある商品なのか? これをチェックしていきます。 なぜ最初に確認するのかというと 仕入れの時は1日に数百リサーチします。   その何百個という商品全てに対して いちいち他の出品者の状況を確認すると 時間がいくらあっても足りません。 リサーチに1商品3分かかったとして 300商品調べたら・・・・。 900分(15時間!)もかかってしまいます。   なので「せどりすと」のトップページで…