CATEGORY FBA

FBA

amazon中古出品を効率化するための方法3つを解説します!

いつもありがとうございます、片平です。   僕は中古せどりで生計を立てているので、amazonで中古商品を出品しているんですが、 効率的にFBA納品をしないと大変な事になります!   全ての商品の付属品確認したり、クリーニングしたり、梱包したり・・・と。   「仕入れは楽しいけど出品は辛い!」そう嘆いているせどらーの方々を数多く見てきましたし、今もそのような相談をもらう事が多いです。   しかし、どんだけ良い商品の仕入れをしたとしても出品作業をしないと全く意味がないですし、手元のお金も増えていきません。 そこで今回は「amazon中古出品」の作業効率を上げて、出品作業の時間を減らす方法3つを紹介します。   こちらの記事を参考にして、作業を外注化する事も可能な内容になっているので、ぜひ読んで下さいね^^ amazon中古出品は写真を撮る 中古出品の効率化 amazonで中古商品を出品する時に写真がない場合は「文章」で商品状態を表現しなくてはいけません。 付属品は何なのか? 商品状態はどの部分がどうなってるのか? こういう事を文章で表現する必要があります。   中古の商品状態に関しては「概ね良好です」とか「破損はなく全体に良い状態」のようにテンプレートを作ってしまえばそんなに手間はかかりません。   厄介なのは付属品の確認なんですね。例えば・・・・    こういう商品なんかは、やった事ある人じゃないと付属品の名前が分からないんですよね。   「チップ、カード、後は何だろ?カレンダー??」   僕はこれを見た時にそう思いました(笑)このように、文章で表現しようとすると「この付属品の名前は何て書けばいいんだろう・・・」というように手が止まってしまうんですよね。   それに対して、中古出品の商品写真を撮るのであれば「付属品の名前」について考える事は一切無くなるので、手は止まらないですよね!   出品コメントには「付属品は写真に写ってるモノが全て」と書いておけば、購入したいお客さんが写真を確認して判断してくれますから。   amazon中古出品の効率化で大切な事は、手が止まらないようにする事です。そのための写真撮影です。   外注さんにお願いする場合にも「付属品なにがあるか調べて出品コメントに書いて下さい」って指示を出すと「この付属品は何て書けばいいですか?!」という質問が来てしまい、外注さんも自分も手が止まってしまいます。   しかも、付属品の確認もれでamazonのコメントに書いてない!なんて事も確実に起きますよね。   「全部の商品の写真撮って下さい!」と指示を出しておけば、コメントの記載ミスも起こりませんし、中古出品の作業中に手が止まってしまう事もありません。   以上がamazon中古出品で写真を撮るべき理由の1つ目となります。   クレームが減る 写真を撮っておく事でamazonで中古販売に対するクレームが圧倒的に減ります。   動作不良などのクレームに関しては写真は関係ないですが、外観に関するクレームや返品はほとんどなくなりましたね。   外観に関するクレームNO1は「想像してたよりも汚い」です。   写真撮影していないと、非常に良いなどのコンディション+出品コメントからお客さんは商品状態を想像して購入します。   出品コメントの文章だけで判断するとなると、一人一人感じ方が変わってしまいますよね??例えば、コンディション良いで出品コメントに「全体にキレイな商品です」と書いてあるとします。   これを読んだ時に・・・ 「キレイって書いてあるけどコンディションが良いだから、まぁそれなりの商品だろう」と感じる人もいれば・・・   「全体にキレイ!という事はすごくキレイでいい商品だ!!」という風な捉え方をする人もいます。   お客さん一人一人の想像力が違うので、出品コメントだけだと「想像してた商品と違う」という事が起こり得るんですよね。   しかし写真撮影する事で、お客さんは外観を「想像」するのではなく「視覚」により確認が出来るようになります。   中古商品の状態を写真できちんと確認する事により、「想像してたより」とか「思ってたより」という要素は完全に排除されます。これにより外観に関するクレームはほぼなくなります。   梱包は効率的に行う amazonに中古商品を出品してFBA納品する時に僕が心がけているのが丁寧にやり過ぎない事です。   全ての商品をプチプチで厳重に梱包したり、一つ一つ丁寧にホコリや汚れを拭き取っていると時間がかかり過ぎてしまうんですね。   中古商品はこんな感じでサクッと梱包するようにしています。FBAの梱包に便利なアイテムについては別の記事にまとめているので、こちらを参考にして下さい。 FBA納品の梱包に使うべき便利アイテム4つ!   amazon中古出品は一括登録 一括登録は絶対に取り入れて下さいね^^!   僕はここ最近取り入れたんですが、今まで一括登録をしていなかった自分を呪い殺したいくらいです(笑)   これをやるだけで、Amazonに商品登録する時間が半分以下になります。   特に大きいのが「危険物情報の追加」を一つ一つ入力する必要がなくなる事です。 この画面に1商品ずつ入力してた手間は何だったのかと・・・。   一括出品に関してはカプセルZさんの「プライスター」というツールを使っています。   プライスターは一括出品はもちろん、利益計算や在庫金額なども管理できるせどりツールです。   ※キャッシュフローも分かりやすいですね! プライスターを導入して、仕入れ以外の業務に使う時間を減らす事で、より仕入れに集中出来る環境を作り出す事が出来ます。効率化の為にもぜひ導入して下さいね^^ 「プライスター」はこちら   僕のブログのリンク経由で登録された全員に 「無料仕入れツールからのプライスター1括登録方法」のやり方をまとめた動画をお渡ししています。   上のリンク経由で登録された方は「mail@pulasedori.net」宛てに連絡をお願いします。本文にプライスター登録と記載いただければこちらで確認をさせていただきます。   効率化して、仕入れに集中してしっかりと稼ぎましょう^^ 本日もありがとうございました!   PS メルマガ登録の時にメールが来てないという問い合わせを多数いただいています。 登録の際にメールが来なければ、迷惑フォルダの確認をお願いします。  

FBA

Amazonで49800円販売のFBA在庫の補填実例(中古レーザープリンター編)

いつもありがとうございます、片平です。   Amazonで中古せどりをする以上、 返品やクレーム対応というのは 絶対に出て来る事です。   返品で多い理由としては 「動作しない」 「付属品が足りない」 このような事が多いですね。 僕は5000円以上の仕入れの商品は 仕入れた時の「値札」を写真に撮って 何科あった時に確認出来るようにしてます。   値札に「動作しました」と書いてあって 仕入れた商品が「動作不良」で返品。 僕はこのような場合は、 仕入れたお店に返品させてもらいます。   ちゃんと値札の証明をして しっかり説明すれば、 大体返品を受け付けてくれます。 ※遠方の場合は電話+郵送   で、今回の事例なんですが、 ハードオフでレーザープリンターを仕入れ。 動作確認済み21600円仕入れて FBA非常に良い49800円で販売。 しかし、これが「動作不良」で返品。   返品になったので、FBA倉庫から 返送して動作確認しようとすると、 動作不良をする以前の問題で、 見事なまでに破損してたんです。     枠が歪んでしまい飛び出てるし そもそもフタが閉まらなくなってます(笑) とてもお店に返品出来る状態ではなく、 ヤフオクに流せる状態でもない。 どう考えても、配送中に落とされた。 としか考えられない状態なんですね。 仕入れ値が安ければ別にいいんですが 今回は21600円の仕入れなので 損失額が大きすぎます。。。   そこで今回はAmazonに補填申請する事に。   1度は申請を却下されてしまったりして 結構時間はかかりましたが、、 37000円の補填という結果になりました! 今回の記事では、 Amazonに補填申請する方法と 補填が却下されてからの対応方法 を僕の実例を元に書いていきます。 テクニカルサポートに問い合わせ まずはAmazonのテクニカルサポートに 「チャット」で問い合わせをしました。 商品のSKUを伝えて、   「この商品は販売前に比べて  明らかに状態が変わっています。」 という文章を伝えました。 そうすると、 「写真を送っていただけますか?」 という返答が。   チャットだと写真が送れないので ここからはメールでのやり取りとなります。   で、いざ写真を送ろうと思ったんですが アップロードしたデータ消去してました。   そこで、Amazonの在庫管理画面の 商品詳細から写真を取ろうとしましたが ここから商品写真はDL出来ません。   なので、一度「自己出品」で出品して 出品されたらAmazonで検索して Amazonの商品画面から 自分の商品写真をDLします。   写真付きで出品してないと 補填申請の時に写真を出せないので 写真を載せておくと安心ですね^^   ここでDLした商品写真と 返送した時の商品写真をサポートに提出。   そしてAmazonからの返信を待ちます。 追加情報を求められる Amazonから返信が来たんですが さらに追加で情報を求められました。     かなりの情報が必要のようです。 返送された時の箱にラベルがあるので 捨てなくて良かった!と一安心。   必要情報の写真を撮って送り・・・ ・相違点の説明  こちらについては下記の文章を送付。   「商品の両脇が歪んでしまっていて ペーパーフィーダーが正常に閉じない。」   相違点の説明を送付して1日後に またメールが届きます。    …

FBA

返品になったFBA商品の補填が出来るかの確認方法

いつもありがとうございます、ゴウです。 Amazonでせどりをしていれば 商品の返品・返金は必ず起こります。 通常ならば返品された商品は 自分で返送して、ヤフオクに流すなど 自分で損失を取り戻す必要があります。   しかし、返品された理由次第では Amazonが補填してくれる事もあるんです。 販売価格の全額が補填とはなりませんが 5〜8割の金額で補填される事が多いです。   FBA納品して返品された商品は 上手くAmazonの補填を使いたいですが 自分から申請しないと補填にならない 事が実際には多いんですね!   なので、今回の記事では FBA納品した商品が補填出来るのか? の確認方法について書いていきます。   セラーセントラルから確認 セラーセントラルにアクセスして 「販売不可」になってる商品を確認します。 画像の手順に沿って進めてください!   画面が切り替わったら 「販売不可/発送不可」をクリック     これで「補填になる可能性がある商品」 を表示する事が出来ます。   補填が可能か判断する 数字部分をクリックすると 「販売不可」になった理由が表示されます。 販売不可になった理由は3パターンあります。        ↑ こんな感じで表示されます!   ここで販売不可の理由を確認したら 補填してもらえるかどうか判断していきます。   倉庫内での損傷 これはFBA倉庫内でAmazonが 商品を破損したという事なので 申請すれば補填は確実です。 Amazon側が補填をしていない事も 良くあるので、必ず自分で申請しましょう!   Amazon倉庫内では膨大な商品があるので 破損や紛失といった事が起きてしまう事もあります。 FBAも100%の管理ではないので 自分でしっかり確認するようにしましょう。 カスタマーによる損傷 この理由は補填してもらえる可能性は高いです。 カスタマーによる損傷というのは 間違って購入して開封されたなど 色々なケースがあるようです。 基本的に「お客様都合での返品」扱いなので Amazon側が補填してくれる事が多いです。 中古商品の場合は1度返送して 商品写真をテクニカルサポートに送れば 高確率でAmazonが補填してくれます。   中には補填にならない場合もありますが 「販売者であるこちらに非がない」 という事をしっかり証明できれば 補填対象になるので高額商品の場合は 諦めずにしっかりと対応しましょう。   欠陥品・不良品 付属品の欠品や、動作不良による返品なので 補填してもらえる事はまずないです。 セラー側に非があるので 補填されないのは当然ですね。   商品を返送して、欠品の確認や 動作確認をして問題なければ 改めて出品し直す。 それか、ヤフオクに流すなどの対応となります。   テクニカルサポートに連絡したとしても 結局補填されずに時間だけかかるので 出来る事にスパッと切り替えましょう。   それと、セラーの間で話題になってる 「商品の抜き取り行為」などがあっても この理由で返品されると証明が難しいので 補填の可能性は低いんですね・・。   こういう事があった時に利益率が低いと 利益が一気に飛んでしまうので・・ 利益率は非常に重要なんです^^   まとめ セラーセントラルの「FBA在庫」から 販売不可の理由を確認。 ・倉庫内での損傷 ・カスタマーによる損傷 が販売不可の理由であれば テクニカルサポートから問い合わせる。   欠陥品・不良品は補填の可能性は低いので ヤフオクに流すか、仕入れたお店で返品する などの対応をしましょう! 利益を守るためなので 細かい所までしっかりやる事が大切です。…

FBA発送方法

FBA納品の送料を安くするならヤマト便が圧倒的です

いつもありがとうございます、ゴウです。   2018年に入ってから「ゆうパック」料金が 大幅に値上げされました。   値上げ前は、160サイズまで600円程度で送れていたんですが・・ 値上げ後は3倍近い値段に。。。   ゆうパックが格安だった頃は FBA納品は全てゆうパックでした。 ゆうパックで送れない大型商品の場合は (重さ25kg以上or170サイズを超える場合) 佐川急便かヤマト家財宅急便で配送してましたね。   そこからゆうパックが値上がりして、 現在は経費削減のためにFBA納品は 全てヤマト便を利用しています。 非常に安くて、便利なサービスです^^   本日はゆうパックがなくなった現在、 経費削減の救世主であるヤマト便について解説します。   料金が安いヤマト便とは?   「同じ宛先に複数の荷物を送る」 という条件で格安で送れるサービスです。   通常であれば5個の荷物を送るとしたら、 1つ1つのサイズで料金を割り出します。 140サイズ1800円が5個なので 1800円×5=9000円 このような計算になりますよね?   それに対してヤマト便は・・・ 「全体でいくら」という計算方式です。 ちなみに計算方式が異常に分かりにくい。。 ※覚なくても大丈夫です^^   ヤマト便の計算方式が難しすぎるので 実際に送った画像で説明していきます^^   ヤマト便の料金の実例 大型テレビ、衣類乾燥機など・・・ 170サイズが1個  160サイズが2個 140サイズが2個 このような内訳です。 これを普通に送ったとしたら 全部で9000円近くの料金です。 1個1個サイズを計算すると このくらいの料金になってしまいます。 それをヤマト便で送るとなると 9000円近い金額が・・ なんと3500円に! 半額以下の料金に!   安すぎてびっくりしますよね?^^ これだけ大型サイズなのに・・・ 1個あたり700円で送れた計算になります。   全体の容積と重さで料金は変動するんですが 荷物が増えれば増えるほど 1個あたりの単価は下がります。   140サイズ10個とか送った時は 4000円くらいでしたね^^ なんでなのかは分かりませんが とにかく安いので使ってみてください! ヤマト便の使い方 クロネコヤマトの営業所に行くか ヤマトの人に集荷に来てもらって、 「ヤマト便で同じ住所に送りたい」 と伝えるだけで、すぐ利用できます。   受付してくれた担当の人が、 重さとサイズで料金を算出してくれます。   「保険入りますか?」って聞かれますが 僕はいつも保険はつけていません。 ※今まで商品を壊された事はないので ちなみに、保険の金額は数十円〜数百円しかかかりません。 心配ならつけるのもアリ! まとめ   という事で、現在はヤマト便をフル活用しています。 FBA納品はもちろんなんですが 出品代行に送る時もヤマト便ですね^^   1つ補足があるとすれば、 荷物4個以上は送った方がいいです。 何回も送ってると分かってくるんですが、 140サイズくらいの荷物2個でも 3000円くらいの料金です。 しかも140サイズ荷物3個でも3000円前後。 140サイズ4個でも3000円前後なんです。   非常に分かりにくので、まとめると 「とにかく多く送れば安い」って事です。 かなり強引にまとめてます(笑)   とにかく一度使ってみると驚く安さなので ぜひ使ってみてくださいね^^   それでは、本日は以上となります。 読んでいただき、ありがとうございました!    FBA納品先固定が終了した後も 納品先をまとめる方法は こちらの記事を参考にしてください。 →FBA納品先をまとめて送料を安くする方法

FBA

amazonせどりで返品が来た時の3つの対処方法

いつもありがとうございます、ゴウです。 Amazonせどりで避けて通れないのが お客様からの返金、返品です。   特に中古せどりの場合は、 動作確認済みの商品だとしても 細かい部分の不具合で返品が来る事もあります。 返品された商品が5000円など高額の場合は しっかりと対処しないと仕入れ値の金額5000円が まるまる赤字になってしまいますよね? Amazonは3か月以内であれば 全ての商品の返品を受け付けるシステムになっています。   Amazonがこのシステムで運営している以上、 出店側は返品率0%にするのはほぼ不可能なんですね。   なので、我々セラー側は返品という事実に対して 「返品は必ず来る。返品の商品をどうするのかが重要」 という心構えが大切です。   今回の記事では販売した商品が返品が来た場合に 赤字を最小限に抑えるためにやっている3つの事 について書きます!   もう一度出品する   返品後に動作確認をしたところ・・ 普通に動くという商品は意外と多いです。   以前、フットマッサージャが返品されました。     この商品の仕入れはジャンク品ではなく 普通の家電コーナーで「動作確認済み」 と記載のある商品でした。   「お店の人、ちゃんと確認してないじゃん!」 と少しだけフンガフンガ状態にw とはいえ、自分でも確認してみたところ・・   電源ボタン押しても反応なし・・。   「ホントに動作確認したのかよ!」 と本域のフンガフンガ状態になりましたw その後も色々ボタンを押しても反応せず。 結構イライラしてしまったんですが・・ よく見ると重大な事が書いてありました。   電源3秒長押しでスタートと。。。     そして電源3秒押したら普通に起動して 普通にマッサージ出来ましたね。。。 お客さんが、届いた時に「電源長押し」 に気づかずに返品した可能性が高いです。   実際にもう一度出品し直しんですが 普通に売れて返品にはなってないんですよね。 こうなるとお客さんの確認不足で間違いないと思います。   なので一度返品された商品に関して 再度確認をして、問題なければ再出品してみてください! ヤフオクジャンク流し   これは本当に動かなかった場合です。 ヤフオクに出品してそこそこの金額が 帰って来ればいいかなという気持ちでやります。 注意しなくてはいけないのは、 出品と発送の手間がかかるという事です。   なので、手間とリターンを考えて 僕がヤフオクでジャンクで流す場合は 2000円以上の入金が見込める商品にしています。 ヤフオクに流しても価格が安すぎる場合は ハードオフなどに仕入れついでに売るか もう諦めて、破棄してしまいます。   仕入れた商品の中で5%くらいは損失が出るかな? くらいの気持ちでせどりをしていますね^^ 返品された商品に対して100%取り返そう!とか、 全部キッチリとヤフオクに出す! というやり方をすると少し疲れてしまうので。 (それに、返品に対してフンガフンガしやすくなりますねw)   自分の中で、手間と入金のバランスが取れる所で ヤフオクジャンク流しを活用してみてください^^   仕入れた店舗に返品をする この方法が利用頻度高いですね!   最近はどこの店舗も返金保障をつけていますよね? しかし保障がついているとしても 100%の動作確認が出来てるわけではありません。 付属品完備と書いてあっても実際は欠品があったり 動作確認済みと書いてあっても動かない。 まぁ人間のやる作業なのでこういった事は起こります。   僕は保障付きの商品が動作不良だったら 近くだったら持っていきますが、 遠い店舗の場合は着払い返送で返品させてもらいます。 電話でちゃんと話をすれば普通に承諾してくれますね! それと、僕は仕入れの時に5000円以上する商品は 値札の写真と店舗名を残してます。 チャットワークに仕入れた店舗名と 写真を載せておけば後からでも対応出来るので ちゃんと保管する事をオススメします^^   ジャンク品の店舗への返品 保障がついてる商品ならいいんですが 問題はジャンク品の返品ですよね?…

FBA納品のやり方

FBA納品の梱包に使うべき便利アイテム4つ!

  いつもありがとうございます、ゴウです。 Amazon中古せどりにおいて 仕入れと同じくらい大切なのが 「FBA納品作業」です。 仕入れた商品をFBA納品しない事には 商品が売れる事はないので、 どれだけ仕入れをしても、お金は増えません。 商品を仕入れたとしてもFBA納品しなければ 「せどり」ではなくただの買い物です。   ・・・・と、正論を並べてみましたが・・・ FBA納品が面倒なのも事実ですww   ・クリーニングしたり ・商品ごとに梱包したり ・大型商品をガムテープでグルグル巻いたり・・   やる事は確かに多いです! そんなFBA納品と、僕は6年以上向き合い 効率よく納品する方法を考え続けてきました。 効率良く納品するために大切なのは どういう道具で作業を効率化するか?です。   今回の記事ではFBA納品を効率化するための道具について書いていきます!   クリーニング エアダスター ※画像クリックでAmazonページに飛びます   これは手の届きにくい箇所のホコリを飛ばすために使います。 プレステ2などのゲーム機や、プリンターに使う事が多いですね。     このような掃除しにくい場所に吹きかけるだけで 数秒でホコリを飛ばしてくれます^^   使う時は飛んだホコリを吸い込まないように マスクをして使用を僕はオススメします。 一瞬でホコリがなくなるのは結構気持ちいですね^^ しかも、このエアダスターの使い道は 商品のクリーニングだけにとどまりません!   なんと、家の掃除でも大活躍なんです^^ 部屋の隅のホコリを飛ばしたり・・ 窓のサッシのお掃除にも大活躍! 一隻二鳥のエアダスターぜひ試してみてくださいね!   劇落ちくんシリーズ これで落ちない汚れはほぼないと思います。 僕はよく落ちそうな気がするので 劇落ちスポンジに液体の劇落ちくんをかけてます。 (効果があるかはわかりませんw) 「汚れを見たらとりあえずこする」 これで間違い無いですねw。   ただし注意点としては材質によっては 使うと色落ちしてしまう事があります。 プラッスチック以外に使う時は注意してください^^   梱包用品 ゴミ袋 ここから梱包用品なんですが・・・ 僕は、いつもゴミ袋を使ってます。 結構驚かれるんですが、ゴミ袋はコスパもいいですし 大きさもいい感じなんです。 しかも強度もそれなりにありますね!   ぬいぐるみを入れるのに使ったり・・       パーツが分かれている商品をまとめて 商品ラベルを貼ったり出来ますね。 ※ラベルの商品名は商品と全然関係ないです   昔は色々なサイズのOPP袋を大量に買っていました。 しかし、色々な大きさの袋を揃えると 商品ごとに「どの大きさにしようかな?」と いちいち考える必要が出てくるので 効率化のために、今では全部ゴミ袋でやってます^^   1枚のコストが10円程度で、 袋として丈夫にも出来ているのでオススメです!   手締用PPバンド ※画像クリックでAmazonページに飛びます   これは大型商品の梱包の時に大活躍です! 「ダンボールをとめてるガムテープが 商品の重さで剥がれないかな??」 という不安を見事に解消してくれます^^       これを使うと重さのある商品を仕入れたとしても 安心してFBA納品する事ができます。   プラスチックで丈夫に出来ているので テープが切れる心配もありません。 使い方も難しくないので安心してください。 実際にPPバンドを使って、 大型商品の梱包をしている動画もあるので 参考にしてください^^ 衣類乾燥機の梱包動画 まとめ 他にも使っている道具はありますが、 まずはこの4種類で充分だと思います。 全部Amazonで買えるので試してみてくださいね^^   それでは本日は以上となります。…

FBA発送方法

FBA納品先をまとめて送料を安くする方法

いつもありがとうございます、ゴウです。   最近のせどり関連のトピックといえば 「FBA納品先固定の終了」 「ゆうパックの大幅な値上げ」 この2つなのかなと思います。   この2つによりFBA納品の経費が 2倍以上になってしまうんですが・・・   FBA納品の経費を安くする方法はあります!   その方法は簡単で・・・ 納品先をまとめてヤマト便で送る事です!   今回の記事は・・ 「FBA納品先をまとめる方法」 について書いていきます^^ FBA納品先をまとめるには?   セラーセントラルで納品プランを作りましょう。     ここまで来ると今回の納品先がどこなのか分かりますね? この場合は「埼玉県」になってます。 僕は神奈川に住んでるので埼玉でいいんですが 九州の人なんかは「埼玉県」以外の納品先にしたいですよね?   そうなった時に簡単に納品先を変えれます^^   やり方は簡単で・・・ 少し時間を置いてから 「納品をコピー」して納品プランを作り直すだけです。              FBA納品を進めていくと、 最後にこの画面になりますよね?? この画面になったら 右下部分の「コピーする」を押して 納品プランを作り直してください。     「コピーする」をクリック! クリックすると次の画面になります。     後は「コピーを作成」をクリックして 新しい納品プラン作成を繰り返すだけです^^ 非常に簡単ですよね!   1つ注意点がありまして 納品先は時間が経たないと変わりません。   何時間か経った後に納品プランを作ると 納品先は変わっている事が多いです。 昼は埼玉で、夜になったら大阪みたいな感じです。   結局の所、納品先はランダムなので 手間ではあるんですが、 送料はかなり安く抑えれるかなと。   僕はこの方法で納品先を近場にまとめて 「ヤマト便」で発送しています^^   簡単に出来る方法なので ぜひやってみてください!   それでは本日は以上となります! ありがとうございました^^    

FBA納品のやり方

FBA納品のやり方を画像付きで徹底解説!

いつもありがとうございますゴウです^^   「せどり」で稼いでいく上で欠かせないのが AmazonのFBAというサービスです。   Amazonに商品を納品すれば 商品の保管・発送という作業を Amazonが全て代行してくれますが FBA納品の仕方が分からない! という人が多いです。   僕もせどりを始めた時に まずこのカベにぶち当たりました。。   AmazonにFBA納品の説明はありますが 非常に長い文章で書いてありますし ルールがありすぎて良く分からない!   特に「大型商品」をどうやって梱包して どうやって納品するのかが難しいですね!   しかし、ポイントさえ押さえてしまえば いちいち迷ったり不安になる事もなくなります^^   今回の記事ではFBA納品の際に 覚えるべきポイントについて 画像付きで分かりやすく書いています。   FBAに関して不安だったり これから納品をする方は この記事を参考にしてください!   小型商品と大型商品の違い   まず納品する際の分別として 大型商品と小型商品があります。 結構ややこしいので ポイントをおさえましょう。 ・45cmを超える辺がある ・最短の辺が20cmを超える ・重量が9kg以上   このどれかを満たした場合に 大型商品としての扱いになります。 ※21x21x21は最短が21なので大型  21x10x10は最短が10なので小型  46x10x10は最長が46なので大型   しかし実際に仕入れてる時に 正確に重さや長さを測るのは面倒ですよね? メジャーを持ち歩くのも嫌ですし(笑)   そんな悩みを解消する無料ツールが FBA料金シュミレーターです! 大型商品か小型商品がすぐに分かります。   このように一目で分かるように 重さと寸法が出てきます。 非常にありがたいアプリですね!   大型商品か小型商品かどうかは FBA料金シュミレーターで確認しましょう!   小型商品バーコードなし 小型商品でバーコードなしの商品は 商品ラベルを自分で貼って送ります。   FBA納品で気をつける事は 取り外せるタイプの箱などの 中身が出てしまう可能性のある商品は 中身が出ないように梱包する事です。     ↑こういう商品は・・・     ↑ハンディラップなどで・・・     中身が出ないように梱包しましょう! 梱包しないと納品不備扱いとなり FBA受領されないので注意してください。   それともう一点、僕のやり方ですが 明らかに壊れやすい商品に関しては 巻きダンボールで頑丈に梱包します。 ※FBA倉庫内で破損する事は良くあります     上の写真の商品は明らかに壊れやすいので 巻きダンボールで梱包するか ちょうど良いダンボールで梱包します。 今回は巻きダンボールで梱包して 下の写真の1番上の状態にしました。   ※1番上が先ほどの商品   このようにそれぞれ梱包して 商品ラベルを印刷してはります。   商品ラベルを貼ったらダンボールに入れて 見える位置にAmazonの発送ラベルと 配送会社の伝票を貼り付けて終了です!     小型商品バーコードあり   バーコードありの商品に関しては 商品ラベル貼り付けサービスがあります。 amazon側で商品のバーコードを認識して…

FBA発送方法

FBAに納品する時の送料を安くする方法

いつもありがとうございます、片平です。   せどりでの利益を出していく上で 「仕入れと販売」に集中する事と同様に 経費削減も非常に大切な事です。 経費削減=利益の増加になりますよね! そして、せどりをやっていく中で 1番簡単に多くの経費削減が出来るのが FBA納品の時の輸送コストなんです。 今回の記事ではFBA納品する時の 輸送コストを安くして経費削減に繋がる ゆうパック大口特約について解説します。   ゆうパック大口特約とは? ゆうパックの料金が通常料金に比べて かなり安く利用できる契約です。   どの程度安くなるのかは 住んでいる地域によって変わりますが 僕の場合は通常料金の半額以下で ゆうパックを送れる契約をしています。   契約をするのに特に条件はありません。 法人でなく個人でも可能です。   この契約をする事で送料が安くなり その分経費削減になるので 転売を始める方は必ずやりましょう^^   では、契約までの流れを書きます。   契約までの流れ   まず住んでる地域の郵便局に電話します。 ゆうゆう窓口のある大きな郵便局がいいです。   そこに電話して・・・ 「ゆうパックを送る量が増えるので特約の契約をしたいです。」 と伝えましょう。   そうすると「営業担当が行きますね!」 という流れになります。   都合のいい日を伝えて日程調整。 約束した日になると自宅に 営業担当の方が来てくれます。   郵便局の担当の人が来たら 特に難しい事はありません^^   「ゆうパックを多く送るので、ゆうパックの料金を安くしてください」 と伝えましょう。   僕の場合はFBA納品する時の倉庫が 神奈川県と埼玉県だったので そこを特に安くして欲しいと伝えましたね。   細かい交渉のテクニックとか使わずに シンプルに伝えれば大丈夫です!   後日、特約契約の見積もりが来るので それで納得出来れば契約になります。   一つだけ気をつけたいのが 「月に20個以上が契約条件です。」 という風に言って来る事があります。 ※個数は地域によります   転売を始めたばかりで 月に20個も送れるか不安になりますが 仮に20個以下でも罰則とかはないのでご安心を^^   実際に送る数が少なすぎると 年ごとに料金の見直しが入る事は 可能性としてあるみたいですね。   まあ見直しが入るというだけなので とりあえず契約する方がいいです。 送料がかなり安くなるので^^   以上が特約契約の流れとなります。   まとめてヤマト便もオススメ! 最近は郵便局の後納契約しても そんなに料金が下がらない。 という話をよく聞くので、 まとめてヤマト便もオススメ!^^   「ヤマト便」を簡単に説明すると 同じ宛先に大量に送ると安い配送方法です。 FBA納品の時に納品先の倉庫が同じ場合 また、出品代行にまとめて商品を送る。 このような場合はかなり安く送る事が可能です。     出品代行にまとめて商品を送ったんですが 140サイズ6箱で2600円です!! 1箱500円以下なので超格安ですよね!!   詳しくは別の記事にまとめているので読んでみて下さいね。 契約なども必要なく、誰でもすぐに利用できます。       まとめ 最寄りの大きい郵便局に電話。 営業の人に「ゆうパックを安くして欲しい」と伝える。   このように非常に簡単な流れです^^ ちなみにかなり昔ですが・・・…