CATEGORY ジャンクせどり

ジャンクせどり

【せどりのやり方】500円で仕入れて3800円で売る!圧倒的に稼ぐジャンクせどり!

いつもありがとうございます、ゴウです。   「せどり」を始めてまず訪れるのが 「どのジャンルを扱えばいいのか?」 という疑問です。   気合を入れて、いざ仕入れに来ても 「どの棚を見れば良いんだろうか?」 「商品数多すぎてワケわからん・・。」 結局悩んでるだけで時間が過ぎ・・ やっと調べても価格差が見つからない。 そんな事が何回も続いてしまうと・・ 「せどりって儲からない!!」 という思考になってしまいます。 僕も始めた時はそう思いました。   そこを乗り越えて、プロのせどらーとして 当時の「せどりなんて儲からない!!」 と思いながらリサーチを続けている 過去の自分に言葉をかけるなら   「安い商品をリサーチしろ!!」です。   価格の高い商品をリサーチしまくって 仕入れをした方が儲かるのは事実です。 しかし、最初は「儲かる」という事よりも 「経験を積む事」の方が圧倒的に大切なんです。   そして、経験を積むのに最適なのが 「ジャンクコーナー」なんですね!   ジャンクコーナーの商品は 壊れていて動かないものも多いです。 しかし、中には問題なく動作が可能で なおかつ価格差がある商品もあるんですね!   今回の記事では仕入れ値が安く 「せどり」の基本を身につけるのに最適な ジャンクせどりについて書きます^^   仕入れの経験値を稼ぐ まずは経験値を積む事です。 仕入れ➡出品➡販売のサイクルをこなす事。 この経験値の分だけ成長していきます! せどりで稼いでる人は経験値が圧倒的に多いです。 そして経験値を積むために大切なポイントは 仕入れ値が安いという事です。 僕は最初DVDせどりからスタートしましたが 仕入れ単価が高くて資金がなくなりました! 100万円現金がありましたが 1商品当たり平均すると3000円くらいの仕入れだったので すぐに資金がなくなったんです。 あの時は本当にきつかったですねw 最初から高単価の商品を扱うのは 資金ショートの可能性が出てくるのでリスクが高いです。 1000万とか資金があるならいいですが 現実的には厳しいですよね。 まずは低単価で仕入れ➡出品➡販売を繰り返す事。 そして徐々に単価を上げていきましょう。 それでは低単価仕入れの紹介をさせていただきます。 低資金仕入れといえばジャンク! 低単価といえばジャンク品です。 ここは絶対に見て欲しいポイントです。 仕入れ資金が安いといえばジャンクコーナーです。 こんな所の商品は壊れてるんじゃないか!? 当然僕も思っていました。 ジャンクコーナーの商品は 1、動作確認して壊れている 2、動作確認していない の2種類があります。 壊れている商品を直して販売できれば最強です! しかし、僕は直せないので動作確認してない商品を狙います。 動作確認していない=動く可能性はあるくらいに考えておいてください。 先に価格差をチェックして、価格差があれば正常に動くかの可能性を探る作業に入ります。 ここはポイントです。優先順位は価格差です! まとめると・・・ 1、価格差をチェック 2、価格差があれば売れ行きの確認 3、最後に状態確認する という流れになります。 1連の流れを解説していきます。   価格差をチェック まずは価格差ですね。 先日仕入れた商品がこちらです。 テレビのリモコンで、価格は500円でした。 右側の写真の右下に GA616PAと書いてあります。これが型番です。 このGA616PAを「せどりすと」に入力して検索します。 型番の番号も合ってますね! 中古の最安値が約3800円なので価格差も大きいです! そして、次に売れ行きを確認します。   価格差があれば売れ行きの確認 せどりすとの画面からモノレートに飛びます。 ※せどりすとじゃない方はネットでモノレートと検索すればすぐに出てきます 売れ行きを確認するのはクリックして飛んだ画面の下部分のランキングの部分で確認です。 ランキングの棒グラフに波があれば売れている商品です。 参考で2枚出しましたが、1枚目の写真が今回の商品です。 写真2枚目のような棒グラフが1直線の商品は基本的に売れてません。 1枚目の写真の今回の商品は波が多いので非常に売れている商品ですね! 売れ行きも問題なさそうなので 最後に状態チェックをしていきます。   最後に状態確認する リモコンの状態確認は電池の接続部分から見ましょう。 今回の商品は錆び、液漏れがなくきれいなので仕入れ対象ですね。 次は仕入れをしないパターンですが こんな感じでサビているとさすがに動作不良が多いですね。 仕入れ対象外になります。…