古物市場で仕入れから主張買取へ

いつもありがとうございます、片平です。

中古せどりに関しては店舗仕入れもやっていますが、数ヶ月前から古物市場での仕入れがかなり増えました。

 

古物市場は仕入れ値が非常に安いので、1万円仕入れで3万売りとか、1日で5万円仕入れて見込み利益10万円オーバーなどかなり美味しい仕入先です。

 

しかし・・・数ヶ月も通ってれば気づくんですが、古物市場に商品を持ってきてる人は不用品回収屋さんがほとんどです。

という事で僕も出張買取をスタートします。

出張買取をスタートするには「集客」をどうするかが大事です。本日は僕がどういう風に集客していこうと考えているかについて書きます。

オフライン×ネット集客が強い

オフラインビジネスをバリバリにやられているので紹介、ポスティングといった仕組みを構築されてます。

 

が、その反面『ネット集客』に関してはあまり知識がないというのも事実でした。というか必要ないんですよね。チラシを撒いたり、紹介で仕事が回っていて集客に困ってないので。

「集客に困ってないんだから、わざわざインターネットの事なんで勉強する必要ない!」というのが事実なんです。

 

不用品回収ビジネスをやってる人はあまりインターネット集客に興味も知識もないからこそ、インターネット集客の知識がある僕なら出来ると確信しました。

ネット集客を専門にしてる人がひしめいてる業界に参入しても、僕のネット集客の知識では勝てません。僕はネット集客の専門家ではないので。

しかし、不用品回収の業界で「ネット集客」をやってる人っていないと思うんですね。ざっくりリサーチしただけの結果ですが。

しっかりとマーケティングして、局地戦で勝ち続ければ、必ず結果が出ると確信をしています。

 

局地戦で勝負して勝つ

・不用品回収
・出張買取

こういうビックキーワードでは僕のような個人が今から勝とうとしたって無理ですし、広く依頼を受けすぎても忙しくなりすぎて結局儲からない可能性が高いです。

そこで大切なのが「顧客を絞る」って考え方なんですね。

 

自分が狙うべき客層はどういうお客さんなのか?これを徹底的に考えます。例えば・・・

【顧客ペルソナ1】
神奈川県横浜市に住んでる30代のサラリーマンで休みの日にブックオフに大量のゲームを持って行った。

しかし査定金額が安すぎて納得できなかったので持ち帰って、高く買取してくれる業者を探してる。

【顧客ペルソナ2】
神奈川県の田舎に住んでいる60代男性で、物置の中にある大量の工具を捨てたい。

重いものは運べないので、出張で引き取りにきて欲しい。

こんな風に明確にお客さんを考えて、そこに対して集客をしていくってワケです。

【顧客ペルソナ1】
神奈川県横浜市に住んでる30代のサラリーマンで休みの日にブックオフに大量のゲームを持って行った。しかし査定金額が安すぎて納得できなかったので持ち帰って、高く買取してくれる業者を探してる。

30代であればネット検索を使うと考えられます。
・ブックオフ 買取 安い

・ゲーム 買取 高い
こういうキーワードで検索する可能性が高いので、そこに向けて広告を出したりSEOする。

 

【顧客ペルソナ2】
神奈川県の田舎に住んでいる60代男性で、物置の中にある大量の工具を捨てたい。重いものは運べないので、出張で引き取りにきて欲しい。

 

60代なので「工具 出張買取」とインターネットで検索する確率は低そう。だったら工具の買取に特化したチラシをポスティングする。

こういう感じでお客さんを絞って集客すればPK!

 

僕は今『どういうジャンルの専門にするのか?』という事を決めてる最中です。ヤフオクよりもAmazon販売に特化したいので、かなり悩んでますね(笑)

 

Amazon販売を伸ばす

3か月ほど、ヤフオク販売にもチカラを入れてきました。その結果「やっぱりAmazon!」という結論を僕は出しました。

1か月で30万ほどヤフオクで売り上げたんですが、Amazonで30万作る労力の3倍は必要でしたね。。。

もちろんAmazonにカタログがなくて、ヤフオクで売れる美味しい商品もあったんですが、それを選別するまでの時間や商品の発送、さらには商品の保管も考えるとやっぱりAmazonです。

最近はAmazonアカウント閉鎖が増えているので「脱Amazonしないと危険!」という風潮が強いですが、僕は「Amazonがある間は依存し続ける!」と心に決めてますw

 

僕はAmazonアカウントに関しては「閉鎖したら作ればいい」と割り切ってます。最近はアカウント作成時に身分証の提出が必須で作れなくなってますが、AmazonアカウントはサイトM&Aで売買もされてるので、全く問題はないかと。

話は戻りますが・・・僕は出張買取もAmazon売りメインでジャンルを考えて構築していく予定です。

ネット集客は任せて終わり

 

不用品回収とかリサイクル系のホームページとかを見たんですがほとんどが専門の会社に丸投げって感じなんです。

「おいくら」 ヒカカク」 のようなサイトに登録して、お金を払って集客を手伝ってもらってるようです。自社でマーケティングしたり、ABテストを繰り返したりは絶対してないです。

 

これはネットの広告に関しても同じです。 美容院とかカフェとか整骨院などは個人事業主レベルでも本気でインターネット集客をしてるお店は多いです。

しかし、リサイクル業界は個人事業主などの小規模なお店で本気でインターネット集客に取り組んでる所はほぼないです。 紹介とかポスティングというオフラインに頼りきってます。

なので、インターネット集客に関してはまだまだ隙間だらけです。

・Googleアドワーズ広告 
・Google
マイビジネス
・AB
テスト
・コンバージョン
・CTA

こういうネット集客の用語とかもなんだそれ?って感じで知らないはずです(笑)

 

なぜなら既に仕組みが回ってるから知る必要がないんです。 自社サイトに訪れて問い合わせをしてくるお客さんを選ぶという感覚もないでしょうね。

こういった点から考えて、インターネット集客の知識と出張買取を掛け合わせればかなり面白い事になりますし、大きな成果を出せると確信しました。

・チラシ作成
・ポスティング
・ホームページ作成
・グーグルマイビジネス

取り急ぎやるべき事はこんな感じです。ココナラやクラウドワークスで外注して構築していきます。これもネットに精通してる強みですね^^

 

オフライン×ネット集客で大きな成果を狙って行動していきます。本日も読んでいただきありがとうございました!

ゴウ

LINE@友達追加で1日の中古せどり仕入れリストをプレゼントしています。商品名、仕入れ値、コンディションも記載しているので中古商品の販売価格の決め方を参考にしていただける内容となります。

お渡しする仕入れリストはエクセル形式なので、コピペでモノレートにアクセスが可能なので、販売の分析にお役立て下さいね。

友達追加か仕入れリストの画像をワンクリックで登録が可能です。

 

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

片平剛

片平剛   [経歴] 高校卒業後に勤めたバイト先のオーナーとの 金銭トラブルで借金200万円を抱える。 その後、営業会社に務め返済を試みるも、 長時間労働や日々の残業に嫌気がさし、 インターネットで別の道を調べていたところ、 せどりの世界と出会う。 2012年12月にせどりをスタートし、 2013年6月に某せどりツアーに参加し月商100万円(利益40万円)、 2014年12月には月商200万円(利益80万円)達成し、借金を完済。 しかし、この時に週6で仕入れと出品作業を繰り返した事で「せどり」が嫌いになる。 以上の経験から「稼げるとしても無理は続かない」と考え、出品作業を外注化した「無理のないせどりスタイル」を確立。 現在は月に1度のせどり仲間との遠征仕入れを楽しみながら稼ぎ続けている。