【中国輸入】商品パッケージを作ったら購入率2%上昇!

こんにちわ、片平です。

中国輸入OEM販売に本格的に取り組んでから
約1年が経とうとしています。

この1年で広告出したり、SEOの勉強したり、
色々試し、試行錯誤しながらやりました。

色々試した中で効果が高かったのが
タイトルにもある通りの
商品パッケージの作成です。

僕が初めて仕入れた商品に関しては
パッケージなどあるはずもなく・・・・
うっすいビニールに入ってるだけです。

※こんな感じの袋です・・・

それでもユニットセッション(購入率)は
5%前後(100人中5人が購入)なので
悪くはないと思っていました。

しかし輸入ビジネスのセミナーに行って
「商品の品質にこだわる」事を学びました。

その一つとして取り組んだのが
パッケージの作成なんですね。

本日の記事はパッケージ作成までの流れや
かかる料金、作成による効果について書きます!

作成までの流れ

パッケージ作成する時には
日本で作るパターンもありますが・・
僕は中国で作成しています。

理由は単純で・・・
中国から日本への輸送コストが高くても
トータルで考えたら安いからです。

作成する時には
「フォトショップ」
「イラストレーター」
というツールでデータを作成します。

これで作ったデータを中国の業者に納品するんですね!

※僕は画像加工などは一切出来ないので
外注で作ってもらっています。

一応気をつけた方がいいのが
工場によってはクオリティが
かなり低い事もあるという事です。

・パッケージの工場を探す
・パッケージのデータ作成

ここまで自分でやるのは大変なので
僕はこういった事をやってくれるサービスのある会社に頼んでいます。

もし興味がある方がいたら連絡いただければ
紹介する事も可能です。

パッケージ作成の料金

2種類のパッケージをそれぞれ1000枚作成して

1枚あたり2.9元と3.2元でした!
1元が約17円なので
日本円で1枚あたりは50円前後です。

ここに中国からの送料18000円
関税、データ作成料金9000円
の合計27000円がプラスです。

全てトータルの金額が2000枚で
138000円。

138000円÷2000枚=1枚69円

こちらが全て計算した1枚あたりのコストです。
同じ枚数、クオリティで日本で作ると
3倍はすると思います。

それでは最後に1枚69円のパッケージが
どれほどの効果を出したのか書きます!

購入率がアップ!

パッケージ作成後は
Amazonの商品ページに画像を載せました。

お客さんとしてのメリットは
パッケージがあればギフトで利用も可能ですよね!

それにパッケージがあるという事で
粗悪品ではないという認識も強くなるでしょう。

その結果として購入率は以下の数字です。
A商品 7%→9%
B商品 5%→7%

それぞれの商品のPVが1日平均で100くらいなので
1日平均で販売個数が約2個増えていますね。
月にすると60個の増加です!

利益ベースで計算すると・・・
1商品の利益が1000円出ているので・・・
1000円×60個=60000円UP。

6万円の利益が増えるのにかかったのが
パッケージ69円×60個=4140円。

パッケージ作成した事により
かなりプラスになってますね!!

しかも販売個数が増えてSEOも上がったので
今後はもう少し価格も上げて販売します。

まとめ

・購入率が上がる
・販売個数が増える
・販売個数が増えてSEOが上がる
・SEOが上がれば販売価格をあげる事も可能

このように大きなメリットがありますね!

最初に費用はかかりますが
絶対にやった方がいいと思い記事にしました。

「ある程度売れたらパッケージの作成をしよう!」
と考えてるのであれば勿体無いです。

Amazonにカタログ作成したばかりの
「新着ランキング」に入ってるSEO効果が高い時期に
より多くの数を販売するためにも
パッケージ作成は有効な手段です。

お客さんにとってもメリットがある事なので
ぜひやってみてください^^!
レビューも付きやすくなりそうですね!

それでは本日は以上になります。

PS
LINE@友達登録で質問や意見も受け付けています^^

友だち追加


輸入・輸出ビジネスランキング

 

ABOUTこの記事をかいた人

片平剛

片平剛   [経歴] 高校卒業後に勤めたバイト先のオーナーとの 金銭トラブルで借金200万円を抱える。 その後、営業会社に務め返済を試みるも、 長時間労働や日々の残業に嫌気がさし、 インターネットで別の道を調べていたところ、 せどりの世界と出会う。 2012年12月にせどりをスタートし、 2013年6月に某せどりツアーに参加し月商100万円(利益40万円)、 2014年12月には月商200万円(利益80万円)達成し、借金を完済。 しかし、この時に週6で仕入れと出品作業を繰り返した事で「せどり」が嫌いになる。 以上の経験から「稼げるとしても無理は続かない」と考え、出品作業を外注化した「無理のないせどりスタイル」を確立。 現在は月に1度のせどり仲間との遠征仕入れを楽しみながら稼ぎ続けている。