Amazon新規出品で購入率10%以上出すための4つポイント

どうも、片平剛です。

現在の僕は中国から輸入した商品を
Amazonで販売しています。

今までは仕入れた商品をAmazonですでに作られているカタログに
相乗り出品をしてきただけでしたが・・・
今は自分で商品ページを作成しています。
Amazonで商品ページを作る事は、
あまり経験がない事だったのでかなり悩みました。

そこで・・・・・・
「売れ行きの良い商品ページ」と
「売れ行きの悪い商品ページ」を
徹底的に分析しました。

細かい違いは色々ありましたが・・・
検索上位に表示されていて、
売れ行きの良い商品の共通点は・・・

「情報量が少ない」事でした。

これは僕の予測と逆で驚きましたね・・。
情報を詰め込んでいるページは検索下位に沈んでいて
売れ行きも悪い商品が多いんです。
売れ行きの悪い商品カタログを見ると
売り込み感がすごいと感じました。
売りたい気持ちが強すぎると逆効果です。

このように分析したので僕は商品ページを
「売ろうとしすぎない」イメージで作成。

なかなか難しい事でしたが・・・
タイトルのつけ方、説明文、画像。
ここを徹底してこだわって作った結果・・・

月に200個販売して、利益20万以上という商品ページを作る事ができました!

今日は「売ろうとしすぎない」をテーマに
売れる商品ページを作るポイント4つについて書きます。

誰に売るのかをハッキリする事

ページを見てくれた全員に「絶対買ってもらう」という意識は捨てましょう。
100人来てくれたら10人が勝ってくれればOKです。

ページに来てくれた全員に買ってもらおうとすると
つい、文章を詰め込み過ぎてしまいます。
例えば「黒い財布」のカタログを作る時に、
全員に売りたい気持ちが強すぎると・・・

「すごくオシャレで可愛い財布で、高級感もあります。普段使いでもいいですし、結婚式でも使えます。
カバンに入れても良いですし、高級感があるのでビジネスの場面でも使用出来るデザインです。」

僕がパッと考えたのでとにかくセンスがない文章になってますが・・・(笑)
まあ、長いし分かりづらいって感じです。

売りたい気持ちが強すぎて
色々なメリットやキーワードを詰め込み過ぎていて分かりにくいですよね??

・男性向けか女性向きなのか?
・カワイイのか、高級感があるのか?

この辺がハッキリしてないので・・・
男性向けなら男性向け、女性向けなら女性向けにしましょう!

このように自分の商品を買ってくれるであろうターゲットを絞り込む事を・・
ペルソナ設定と言います。

先ほどの「黒い財布」のターゲットを
30歳、会社員、男性(実際はもっと詳しく設定します)にすると・・

「オシャレで可愛い財布」よりも
「ビジネスシーンでも利用できます」
のような書き方の方が圧倒的に響きますよね?

このように誰に向けて販売するのかを
決めて商品ページを作り込むべきです。

イメージを伝える

僕もそうでしたが、Amazonで新規カタログを作る時に
売りたい気持ちが強くなり過ぎて
不快に感じる商品ページになりがちです。

「この商品こんな良いんですよ?!」
「こんな機能もありますよ!?」
「こんな使い方もできますよ?!」

こういう事を書き過ぎているページって
結構ウザがられるんですね(笑)

洋服を買いに行った時に後ろ付いて来て、
あれこれ説明してくる店員いますよね??
あのせいで購買意欲が下がりませんか?

説明しすぎると、売り込み感が強くなります。
人間は心理的に売り込まれる事を避けます。
過度な商品説明はやめましょう。

それと、商品紹介コンテンツや商品詳細に
ビッシリと文字を書き込んでるページありますよね??
基本的に文字は読まれないと思ってくだい。

Amazonで買い物すれば分かりますが、
商品ページの説明を一字一句飛ばさずに読まないですよね?
文字よりも画像に目が行くはずです。

文字だらけのゴチャっとした商品ページより
少ない文字数でイメージを伝える方が絶対いいです。

物販ビジネスをしていると購入者目線を忘れがちです。
その結果、販売者のエゴと売り込みの強い商品ページになってしまう事が多いです。

お客さんが見やすいページ作りを意識してください^^

写真は7枚で良い

Amazonの商品ページでは9枚まで画像を入れる事が出来ますが、
7枚目までの画像が勝負となります。

理由は単純でスマホの場合に写真が7枚しか表示されないからです。
パソコンからAmazonの画面を見たとしても
基本的には7枚の画像しか表示されません。

商品ページのトップ画像をクリックした場合のみ
8枚目と9枚目が表示されます。
ほとんどのユーザーがスマホですし、
パソコンも基本は7枚の画像表示なので
7枚の画像でイメージを伝えるように作りましょう。

お客さんに必要のない事は書かない

お客さんに取って必要のない情報を記載しているカタログが結構あります。

例を出すと・・・・
「〇〇は当社オリジナル商品です。」
「〇〇は意匠出願中です」
「他の店舗様へ・・なんちゃら・・・」

これは相乗り防止を目的とした情報です。
このような文章はお客様のためではなく、
自分のために書いていますよね??

という事はAmazonの
「世界で一番お客様を大切にする企業」
という理念から外れた行為になるわけです。

よってやるべきではないと考えています。

Amazonで商品の検索順位を上げるための
細かいテクニックはありますが
これは本質ではないです。

本質は「世界で一番お客様を大切にする企業」なのです。

商品の選び方、ページのタイトル、内容、検索キーワードなどなど・・・
全てお客様の事を考えて行動しましょう。
本質を理解してこそのテクニックです。

Amazonの理念をしっかりと理解した上で
商品ページを作っていきましょう!

以上が新規出品の4つのポイントです。
読んでいただきありがとうございました!

まとめ

・購入するターゲットを設定(ペルソナ設定)
・商品説明を書きすぎない
・画像7枚で表現する
・お客様目線を忘れない

 

PS
LINE@友達登録で質問や意見も受け付けています^^

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

片平剛

片平剛   [経歴] 高校卒業後に勤めたバイト先のオーナーとの 金銭トラブルで借金200万円を抱える。 その後、営業会社に務め返済を試みるも、 長時間労働や日々の残業に嫌気がさし、 インターネットで別の道を調べていたところ、 せどりの世界と出会う。 2012年12月にせどりをスタートし、 2013年6月に某せどりツアーに参加し月商100万円(利益40万円)、 2014年12月には月商200万円(利益80万円)達成し、借金を完済。 しかし、この時に週6で仕入れと出品作業を繰り返した事で「せどり」が嫌いになる。 以上の経験から「稼げるとしても無理は続かない」と考え、出品作業を外注化した「無理のないせどりスタイル」を確立。 現在は月に1度のせどり仲間との遠征仕入れを楽しみながら稼ぎ続けている。