Amazon新規出品は検索順位を優先するべき理由

こんにちわ、片平です。

最近は輸入ビジネスに関する
色々なコミュニティなどに参加しています。

副業として輸入ビジネスをしている人も
本当に多くなったと感じますね。

しかし実際に輸入ビジネスをしているけど
稼げていない人も非常に多いという事も
事実だと感じています。

色々な人と話をしていて思ったのは
Amazonにカタログを出品してから・・

・商品ページの作り込み
・商品の改良
に時間を使っている人が多いと感じますね。

これ自体は悪い事ではないのですが・・・
まずは全力で検索順位を上げるべきです。

優先順位としては・・・
1、検索上位
2、商品ページ、品質の改良
だと確信しています。

この順番が逆になってる人が
非常に多いんですね。

今日はなぜ検索順位が1番優先すべきなのか??
について書いて行きます!!

10人中5人に買ってもらえるか?

まず仮定として考えて欲しいのは・・
・来店10人中5人に販売する
・来店100人中5人に販売する

どっちの方が簡単でしょうか?

当然100人中5人に売る方が簡単ですよね?!

10人中5人に売ろうと思ったら
相当な営業力がないと不可能です。

PVが少ないという事は
すごくマイナーな路線で駅から徒歩20分
のような物件で出店してるようなものです。

それに対してPVが多ければ
東京駅の駅ビルに出店している
という状態と一緒なんです。
お客さんがひっきりなしに来る状態です。

もし2つのお店が同じ商品を扱ったとしたら
売り上げは絶対に東京駅に出したお店の方が多いはずです。
単純にお客さんの数が多いからですね。

客が少ない店が売り上げを作るには??

マイナーな路線で駅から遠い物件のお店が
売り上げを上げるためにするべき事は・・・

東京駅にお店を移転する事ですよね。

お客さんが少ないのに
店のポップを作り込んだり・・
内装を作り込んだり・・
製品の改良に頭を悩ませても・・

あんまり効果は出ないです。
めちゃめちゃ考え込んで作り込んでも
せいぜい購入率が数%上がるくらいですよね?!

売り上げを早く作るならば
迷わず移転を選ぶべきです。。

Amazon販売でもおんなじ事で・・・
PV(来客)が少ないのに
カタログの作り込みで悩んでる人が多いです。

ユニットセッション率(購入率)に関しては
どんだけ努力しても10%程が限界です。

なのである程度のクオリティを出したら
とにかくAmazonの仕組みを理解して
検索上位に表示させる事に集中するべきなんです。

それともう一つ、出品してからSEOに集中した方がいい理由があります。

出品直後はボーナスタイム

これは意外と知らない人が多いと感じますが
Amazonに新規カタログ登録してから
2週間〜1か月の間は「新着」という扱いになり
SEO効果が普段よりも数倍になるという仕組みがあります。

僕の体感としては・・・
おおよそ3倍程度かと感じますね。

分かりやすくいうと・・・
カタログに「新着」という文字がついてれば
販売個数が100個だとしても
SEO効果は300個販売したのと
同じくらい効果があります。

以上の理由から、カタログ作成直後は
とにかく販売個数を意識するべきなんです。

そのために広告を使ったりして
検索数を上げていきましょう。

本日は以上となります。

 

PS
LINE@友達登録で質問や意見も受け付けています^^

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

片平剛

片平剛   [経歴] 高校卒業後に勤めたバイト先のオーナーとの 金銭トラブルで借金200万円を抱える。 その後、営業会社に務め返済を試みるも、 長時間労働や日々の残業に嫌気がさし、 インターネットで別の道を調べていたところ、 せどりの世界と出会う。 2012年12月にせどりをスタートし、 2013年6月に某せどりツアーに参加し月商100万円(利益40万円)、 2014年12月には月商200万円(利益80万円)達成し、借金を完済。 しかし、この時に週6で仕入れと出品作業を繰り返した事で「せどり」が嫌いになる。 以上の経験から「稼げるとしても無理は続かない」と考え、出品作業を外注化した「無理のないせどりスタイル」を確立。 現在は月に1度のせどり仲間との遠征仕入れを楽しみながら稼ぎ続けている。