中国輸入OEM商品を作成・販売しています。

どうも片平剛です。
国内せどりと同時に取り組んできた
「輸入ビジネス」が良い感じで動き出しています。

国内せどりは即金性が非常に強いです。
それに対して輸入ビジネスは利益が出るまで少し時間はかかりますが、
利益が積みあがっていくイメージです。

国内せどりでキャッシュを回しながら輸入ビジネスに取り組んで来た結果・・

輸入ビジネスの利益が約15万出ています^^

今回は輸入ビジネスと国内せどりの実績について書きます。

輸入ビジネスについて

僕が取り組んでいる輸入ビジネスなんですが
・単純転売
・オリジナル商品販売のの2つです。

単純転売はせどりと一緒で価格差を見つけて輸入するだけです。

今回取り組んでいるのが、オリジナル商品販売・いわゆるOEM販売です。
これに3か月程前から取り組んでいます。

実は去年も1回OEM販売に取り組んだんですが、3か月程で挫折しています。

なぜ去年OEM販売を挫折したのか

去年取り組んだやり方もOEM販売です。
ここで簡単にOEM販売について説明すると・・

ノーブランド品に対して、ロゴを刻印したり
タグを付けたり、自社商品をセットにするというやり方です。

そして、カタログに自分のブランド名を記載して相乗り出品を防ぐのです。

僕はやり方を調べて、ノーブランド商品にロゴを刻印して
amazonで自分でカタログを作成して販売をしていました。
ちなみに灰皿です。

灰皿に希望を託すなんて思いもしませんでした(笑)
人生は何が起こるか分かりません。

売れ行きも悪くなく、
月に50個くらいは売れていて
利益としては3万円程出ていましたね!

注文→納品代行→FBA
という流れだったので非常に楽でしたし、
売れ行きはもっと上がっていくと確信していました。

そんないい流れの中、問題が発生します。。。。

相乗り出品者が続出です!!
相乗り出品を防ぐためのロゴの刻印なのに・・・・。

相乗り出品者にウチのOEM商品なので
取り下げてくれるように連絡しても、ほとんど無視。

相乗り出品者の商品を購入してみたんですが
まさかのロゴ無しでの相乗り(笑)
しかも次から次へと相乗り・在庫補充が鬼のように来ます。
もうお手上げで、メンタル崩壊(笑)

僕が仕入れていた商品はタオバオ・アリババで誰でも買えます。
誰でも買えて、amazonで売れていて
利益が出るので、そりゃしますよね。相乗り(笑)。

相乗り出品者を排除するための方法も調べましたが
結構なエネルギー・資金を使いそうでした。。。
※商標権の所得などです。

利益が20万とか出る商品ならやりますが
3万円程度の利益のためにそこまでは出来ないと考えました。

それに相乗りされなかったとしても
ネットで探せば簡単に見つかる商品なので
同じ商品を輸入した人がamazonでカタログを作れば
結局は価格競争になりますよね?

相乗りされる原因は簡単に見つける事が出来て簡単に仕入れが出来る事。

だったら簡単に見つける事が出来ない商品でOEMしよう!!と思いました。
こんな経緯で去年は1度輸入ビジネスを挫折しています。

直接取引に行けば簡単に見つからないはず

ネットで検索する人はたくさんいるとしても
直接海外に行って取引する人は少ないはず!!
と僕は考えました。そして香港展示会に行ったんです^^

一緒に行ってくれた方がいて、
ほぼ全て助けてもらいながらのビジネス旅行でした。
はっきり言って一人で行ったとしたら
1社も取引先を作れなかったと思います。。
結果としてはかなりの数の取引先を作る事が出来ました^^
本当に感謝です。

展示会で取引先を作ったらそして日本に戻り、
リサーチをして商品を絞り込み・・・

取引先とやり取りをしてOEM商品の作成という流れになります。

僕が今仕入れている取引先はネットで検索しても
たどり着ける可能性は限りなく薄いので
相乗りされる可能性はかなり低いと言えます。

僕のOEM販売は下記の流れです。

1、海外の展示会で取引先を作る
2、amazonで市場調査をする
3、オリジナル商品の作成を依頼する
4、商品が届いたら販売開始。

輸入ビジネスの実績

ここから輸入ビジネスの実績ですが
売り上げで約40万、利益率約40%という数字です。

OEM商品ではなく、単純転売の商品が3種類。
OEM商品が1種類の計4種類の商品での実績となります。

正直ここまで積み上げるのは結構苦労しました。。
しかし、現在はライン・スカイプで注文。
そこから納品代行の会社に発送してもらう。

そうすれば、納品代行が関税の支払い、
商品の受け取り、FBA納品まで
全てやってくれるので非常に楽なんですね!

利益としては15万前後ですが
積みあがる利益はものすごく価値があります^^

今後は商品数を増やして利益を増やしていけば
年内に売り上げ200万は達成すると考えています。

OEM販売で稼いでいくために大切なのは
市場のリサーチとamazonSEOです
amazonSEOに関しては非常に細かいですし、日々変わっています。

少し前までは業者委託の「不正なレビュー」が横行していました。
しかし、そういった不正なレビューは全て削除されましたし
今は禁止になっています。

amazonSEOのテクニックはもちろんありますが
「価値のある商品を届ける」
という本質が大切になっていくと確信してます。
「地球上で最もお客様を大切にできる企業であること」
amazonの理念です。

国内せどりの実績

輸入ビジネスもやっていますが、まだまだ国内せどりも取り組んでいます。
売り上げ約90万、利益率約40%です。

月に2回古物市場、店舗仕入れが週1~2でやっています。
出品作業も考えて時給換算すると時給3000円超えるくらいです。

店舗仕入れに関しては他の県まで
旅行気分で行けば楽しく出来るので、
国内せどりに関してはこのくらいのペースで維持していく感じですね^^

国内せどりでキャッシュを回して
OEM販売で積み上げて利益を積み上げる
というスタイルを広めていきたいと考えています^^

それでは今日も読んでいただきありがとうございました!!

PS・・・・

中国輸入OEM販売に関してはこちらの記事もオススメです^^

【OEM商品のデータを公開!】商品が届いてから1か月の活動記録

友だち追加

↑↑↑
友達登録で質問、意見も受け付けています。

ABOUTこの記事をかいた人

片平剛

片平剛   [経歴] 高校卒業後に勤めたバイト先のオーナーとの 金銭トラブルで借金200万円を抱える。 その後、営業会社に務め返済を試みるも、 長時間労働や日々の残業に嫌気がさし、 インターネットで別の道を調べていたところ、 せどりの世界と出会う。 2012年12月にせどりをスタートし、 2013年6月に某せどりツアーに参加し月商100万円(利益40万円)、 2014年12月には月商200万円(利益80万円)達成し、借金を完済。 しかし、この時に週6で仕入れと出品作業を繰り返した事で「せどり」が嫌いになる。 以上の経験から「稼げるとしても無理は続かない」と考え、出品作業を外注化した「無理のないせどりスタイル」を確立。 現在は月に1度のせどり仲間との遠征仕入れを楽しみながら稼ぎ続けている。