amazonせどりで返品が来た時の3つの対処方法

いつもありがとうございます、ゴウです。

Amazonせどりで避けて通れないのが
お客様からの返金、返品です。

 

特に中古せどりの場合は、
動作確認済みの商品だとしても
細かい部分の不具合で返品が来る事もあります。

返品された商品が5000円など高額の場合は
しっかりと対処しないと仕入れ値の金額5000円が
まるまる赤字になってしまいますよね?

Amazonは3か月以内であれば
全ての商品の返品を受け付けるシステムになっています。

 

Amazonがこのシステムで運営している以上、
出店側は返品率0%にするのはほぼ不可能なんですね。

 

なので、我々セラー側は返品という事実に対して
「返品は必ず来る。返品の商品をどうするのかが重要」
という心構えが大切です。

 

今回の記事では販売した商品が返品が来た場合に
赤字を最小限に抑えるためにやっている3つの事
について書きます!

 

もう一度出品する

 

返品後に動作確認をしたところ・・
普通に動くという商品は意外と多いです。

 

以前、フットマッサージャが返品されました。

 

 

この商品の仕入れはジャンク品ではなく
普通の家電コーナーで「動作確認済み」
と記載のある商品でした。

 

「お店の人、ちゃんと確認してないじゃん!」
と少しだけフンガフンガ状態にw
とはいえ、自分でも確認してみたところ・・

 

電源ボタン押しても反応なし・・。

 

「ホントに動作確認したのかよ!」
と本域のフンガフンガ状態になりましたw

その後も色々ボタンを押しても反応せず。
結構イライラしてしまったんですが・・
よく見ると重大な事が書いてありました。

 

電源3秒長押しでスタートと。。。

 

 

そして電源3秒押したら普通に起動して
普通にマッサージ出来ましたね。。。

お客さんが、届いた時に「電源長押し」
に気づかずに返品した可能性が高いです。

 

実際にもう一度出品し直しんですが
普通に売れて返品にはなってないんですよね。
こうなるとお客さんの確認不足で間違いないと思います。

 

なので一度返品された商品に関して
再度確認をして、問題なければ再出品してみてください!

ヤフオクジャンク流し

 

これは本当に動かなかった場合です。
ヤフオクに出品してそこそこの金額が
帰って来ればいいかなという気持ちでやります。

注意しなくてはいけないのは、
出品と発送の手間がかかるという事です。

 

なので、手間とリターンを考えて
僕がヤフオクでジャンクで流す場合は
2000円以上の入金が見込める商品にしています。

ヤフオクに流しても価格が安すぎる場合は
ハードオフなどに仕入れついでに売るか
もう諦めて、破棄してしまいます。

 

仕入れた商品の中で5%くらいは損失が出るかな?
くらいの気持ちでせどりをしていますね^^

返品された商品に対して100%取り返そう!とか、
全部キッチリとヤフオクに出す!
というやり方をすると少し疲れてしまうので。
(それに、返品に対してフンガフンガしやすくなりますねw)

 

自分の中で、手間と入金のバランスが取れる所で
ヤフオクジャンク流しを活用してみてください^^

 

仕入れた店舗に返品をする

この方法が利用頻度高いですね!

 

最近はどこの店舗も返金保障をつけていますよね?
しかし保障がついているとしても
100%の動作確認が出来てるわけではありません。

付属品完備と書いてあっても実際は欠品があったり
動作確認済みと書いてあっても動かない。

まぁ人間のやる作業なのでこういった事は起こります。

 

僕は保障付きの商品が動作不良だったら
近くだったら持っていきますが、
遠い店舗の場合は着払い返送で返品させてもらいます。
電話でちゃんと話をすれば普通に承諾してくれますね!

それと、僕は仕入れの時に5000円以上する商品は
値札の写真と店舗名を残してます。

チャットワークに仕入れた店舗名と
写真を載せておけば後からでも対応出来るので
ちゃんと保管する事をオススメします^^

 

ジャンク品の店舗への返品

保障がついてる商品ならいいんですが
問題はジャンク品の返品ですよね?
ジャンク品でも5000円以上の高額な商品も
僕は割と仕入れたりします。

 

ジャンルとしてはテレビが多いですかね?
テレビのジャンク品の理由で多いのが・・

地デジ映りました。
画面とリモコン共に問題ありません。
年式が古いためジャンクです。

 

こういうジャンク品が結構多いんですね。
でも実際に仕入れた所・・・・
映像にものすごい乱れがあった!!
なんて商品も中にはあります。

 

こういう場合は僕はさすがに返品させてもらいますね!

地デジ映りました。
画面とリモコン共に問題ありません。

いくらジャンク品とはいっても
映像にものすごい乱れがあるのであれば
さすがに店舗側に落ち度があると考えます。

 

「映像に乱れがあります」
と書いてくれれば買わないですからね。

この場合も電話して状況を説明して
遠方なら着払いで返送させてもらっています。。

 

普通に事情を話せば、ほぼ返品受け付けてくれます。

ごくわずかですが、「ジャンク品は無理」の一点張りで
受け付けてくれない店舗もあるので、
そういう場合は諦めてジャンク流ししましょう^^

 

まとめ

返品が来てしまったら、まずは自分で確認。
動くなら再出品して、動かないならば
ヤフオクジャンク流しか店舗に返品。

 

少し面倒ではありますが、
せっかく出た利益を守るための大切な作業です。

 

頻度としては2週間に1回くらいで充分なので
しっかりと取り組んでみてください!

 

それでは本日は以上となります。
ありがとうございました!^^

 

ゴウ
最後にお知らせがあります!

僕の中古せどりノウハウを詰め込んだ
「プラせどバイブル」を配付中!
僕の渾身の無料E-BOOKです!!

 

出品コンディションの見極め方法
販売価格を決めるための思考法を
しっかりと学べる内容です。

しかも渡すのはノウハウだけではなく
ガチ仕入れリスト付きです

仕入れ70800円
見込み利益額83800円
仕入れ14商品
1日の仕入れリストです!

商品名とASINコードも全て記載しているので
販売価格の感覚を勉強も出来て
仕入れのジャンルも分かります。

相当気合い入れて作りましたので
ぜひ受け取ってくださいね!!

「プラせどバイブル」
※クリックでページに飛びます

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

片平剛

片平剛   [経歴] 高校卒業後に勤めたバイト先のオーナーとの 金銭トラブルで借金200万円を抱える。 その後、営業会社に務め返済を試みるも、 長時間労働や日々の残業に嫌気がさし、 インターネットで別の道を調べていたところ、 せどりの世界と出会う。 2012年12月にせどりをスタートし、 2013年6月に某せどりツアーに参加し月商100万円(利益40万円)、 2014年12月には月商200万円(利益80万円)達成し、借金を完済。 しかし、この時に週6で仕入れと出品作業を繰り返した事で「せどり」が嫌いになる。 以上の経験から「稼げるとしても無理は続かない」と考え、出品作業を外注化した「無理のないせどりスタイル」を確立。 現在は月に1度のせどり仲間との遠征仕入れを楽しみながら稼ぎ続けている。