中古せどりで稼ぐなら購入者のストーリーを考える事

いつもありがとうございます片平剛です。

中古せどりで大切な事は、
適正な相場に合わせた販売価格の決め方です。

 

適正な相場が分からずに「せどり」をしていると


販売価格を高くしすぎてしまい
思ったように商品が売れていかない。

かといって早く売る事だけを考えて
安売りしたら利益が少なくなる。。。

 

こういう悪循環が生まれてしまうんですね。

 

中古せどりでしっかりと稼いでるセラーは
適正な販売価格の決め方が上手いです。
まさに中古せどりの真髄ですね^^

 

販売価格の見極めに自信があれば
仕入れで迷う事はありません。

 

中古せどりで上手く稼げていない人は
「販売価格の見極めが出来ない」
から仕入れが出来てないのです。

大切なのは「相場観」を掴む事。

 

中古せどりで相場観を掴むためには
「どういう人が買うのか?」

という事をイメージする必要があるんです。

 

今回の記事では中古せどりの「相場感」を
掴むために非常に重要である、
「購入者をイメージする」
という事について書いていきます。

 

この記事を読んで「相場感」を見極める
考え方を身につけて下さいね^^

 

中古せどりは誰が買うかが重要

ほとんどの人が仕入れの時に
Amazonの画面を見ながら
「いくらで売れるのかなー??」って考えてます。

 

しかし、中古せどりでは、
いくらで売れるかの前に
「どんな人が買うのか??」
重要なポイントです。

 

中古ではなく、新品を購入する場合は
商品の状態は全部一緒なので、
「最安値」で選ぶ事になります。

 

しかし中古の場合は色々な購入者がいます。

・とにかく安いモノが欲しい
・とりあえず使えればいい
・新品が欲しいけど高い・・。
・中古だとしても綺麗のがいい

 

このように購入者の種類によって
「相場観」が決まってくるのが中古なんですね^^

 

ここで商品の例を出します。

ゼルダの伝説(スーファミ)

僕はこの商品を何度も何度も販売してます。
何度も販売してるんですが・・・

販売価格は4980円、9800円などなど毎回違います。

 

販売価格が変わる理由は、
仕入れた商品の状態によって

購入者のイメージが違うからなんです!

 

購入者をイメージする

例えば9800円で売った商品は
本当に綺麗で新品なんじゃないか?
と思うほどでした。
では、なぜ9800円という価格にしたのか?

 

新品が欲しいけど高い・・。

 

この時に、僕が狙った購入者はこのゾーンです。
※この時は新品2万でした

「ゼルダの新品買おう!・・・2万!高すぎ!!」

あくまでもイメージなんですが・・
おそらくこういう風になってると。

 

「新品は高過ぎるから、中古にするしかないかな・・」

 

こんな流れで中古も見ると思うんですよね。

新品を買いたいけど2万は高過ぎるから諦めて中古を眺めている。
そんな中で・・・新品同様の綺麗な中古が9800円であったらどうでしょうか??

 

僕は9800円の中古商品を買う人もいると思うんですよね^^

 

この時は中古の最安から相場を見たんじゃなくて
新品の価格から相場を考えました。
新品の半額ならいけんじゃないか?と考えたんですね。

 

実際に僕がイメージしたような人が
ドンピシャで買っていったかは分からないですが
9800円で売れたという事実は残りましたね^^

 

これにより僕の相場観として
「ものすごく綺麗なら新品の半額でいける」
という確信が出来たんです。

 

中古せどりはこの繰り返しです。

こうやって経験を積んでいけば
スーファミソフト以外の相場観も磨かれていき
販売価格を見極めるチカラがついていきますね^^

 

ちなみに4980円で販売した時は
・中古だとしても綺麗のがいい
このゾーンを狙って販売しました。
箱・説明書付きでまぁまぁ綺麗な商品でした^^

 

まとめ

中古せどりの真髄は購入者のイメージです。
この作業をしっかりやっているからこそ
利益率40%以上という数字を残せています。

 

この考え方で高値で販売しやすい商品は
スーファミやゲームボーイなどの古いゲームに多いです。

Amazonの新品価格が高くて、
中古出品者も50人以下の商品を見つけたら
高値販売を狙ってみてください。

 

狙い通りの販売価格で売れた時は
「よしっ!!」となりますね^^

 

上手く高値で販売できたら教えていただけたら嬉しいです!

それでは本日は以上となります。
ありがとうございました!

 

ABOUTこの記事をかいた人

片平剛

片平剛   [経歴] 高校卒業後に勤めたバイト先のオーナーとの 金銭トラブルで借金200万円を抱える。 その後、営業会社に務め返済を試みるも、 長時間労働や日々の残業に嫌気がさし、 インターネットで別の道を調べていたところ、 せどりの世界と出会う。 2012年12月にせどりをスタートし、 2013年6月に某せどりツアーに参加し月商100万円(利益40万円)、 2014年12月には月商200万円(利益80万円)達成し、借金を完済。 しかし、この時に週6で仕入れと出品作業を繰り返した事で「せどり」が嫌いになる。 以上の経験から「稼げるとしても無理は続かない」と考え、出品作業を外注化した「無理のないせどりスタイル」を確立。 現在は月に1度のせどり仲間との遠征仕入れを楽しみながら稼ぎ続けている。