せどりの税金を副業禁止の会社で確定申告をする方法

どうも脱サラせどらーゴウです。

せどりで稼いだら「確定申告」をして税金を納めなければいけません。

僕のように会社に勤めずに個人で仕事をしているなら
普通に確定申告して税金を払ってしまえば大丈夫です。

問題なのは副業禁止の会社で働いている場合です。

バレるとペナルティがある会社もあるようですし
公務員の方だと解雇という可能性もゼロではないと聞きました。

「会社にバレずに申告する方法はないのか?!」
「バレるくらいだったら申告しない方が良いのでは!!??」

こういう質問が非常に多いので
僕が頼んでいる税理士の方に聞いてきました!

今日は副業禁止の会社でどうやって申告するのか?
について書いていきます。

 

「国税局出身」の税理士に聞きました

 

まず最初にお伝えしたいのが税理士といっても
色々な考え方で仕事をしてるという事です。

大きく分けると2つに分かれていまして
国税局出身の税理士国税局出身ではない税理士
で対応が全然違います。

国税局出身ではない税理士の方は
節税、経費計算などで個人事業主よりの考え方をしてくれます。

「抑えるところは抑えて税金の申告をする」という考えです。

それに対して国税局出身の税理士の考え方は
基本的に国税局寄りの考え方をしています。

飲食代などの経費の計上の仕方もかなり厳しかったです。

正直、国税局出身ではない税理士の方が
柔軟に対応してくれるのでオススメです。

会社に副業がバレるのはなぜ?

 

なぜ会社に副業の収入がバレるのかというと
会社に住民税が特別徴収されるからなんです。

会社に勤めていると、住民税の支払いというのは
基本的に特別徴収になります。
※ブラック企業は特別徴収じゃない事もあります

 

給料から住民税が天引きされるのが
特別徴収という徴収の仕方です。
給与明細に住民税の項目がありますよね。

 

貰っている会社の給料の金額から計算して
住民税が給料から引かれます。

 

年間の給料が200万なら200万に対しての住民税になります。

 

しかし、副業で年間120万収入があったとします。
この120万を特別徴収で確定申告してしまうと
120+200=320万で住民税が計算されるんですね!

 

そうなると会社側からすると200万なのに
住民税の金額が明らかに多いので
計算が合わなくなってしまいます。

 

このような流れで会社にバレてしまうんですね。

 

確定申告しないという選択は危険

 

これは絶対やめた方が良いです。
税務署も今はネットビジネスの税金に対して
かなり厳しくなっています。

もし確定申告しないで税務調査を受けたら
5年間さかのぼって、なおかつ35~40%の加算税を
プラスして支払いしなくてはいけません。

さかのぼられたらかなりの金額になりますよね!
なので稼いだら確定申告は必ずして下さい。

 

2つの申告のやり方がある

 

普通徴収で確定申告する

 

ここから具体的にどうすれば会社にバレないのか書いていきます。

2つやり方がありまして、1つ目が普通徴収での申告です。

先程、会社に副業がバレる原因は特別徴収だと書きましたね。
これを普通徴収に変えるだけでOKです。

先ほどの年収200万、副業120万のケースで特別徴収だと
200+120=320に対しての住民税の支払いになります。

これが普通徴税に変えると
200万の住民税、120万の住民税と
完全に分けて支払する事が出来ます。

普通徴税のやり方なんですが
確定申告の際に「普通徴税を選ぶ」
というチェックボックスにチェックするだけです。

何も難しい事はないですよね?^^

 

しかし、1点だけ気をつける点があります。

 

市役所や区役所が間違える可能性があるようです!!

 

こんな事あるのか!?と信じられないかもしれませんが
ほぼ全ての人が特別徴収で申告するようですし

確定申告の時期は異常な忙しさなので、
チェックを見逃してしまう事があるようです。

こうならないために、申告の時に伝えるのはもちろんですし、
後日電話で普通徴収になってるか確認する事も有効なようです。

さすがにここまでやれば普通徴収で申告されて
会社にバレる事はないようです。

 

家族の収入として申告する

 

配偶者がいる方の場合はほとんどの人がこのやり方でやっています。

頼める家族の方がいたらこの方法がオススメです。

配偶者の方などと二人三脚でしっかりと
副業せどりに取り組めるのであれば
この方法が一番いいと思います。

配偶者、頼める家族の方がいない場合は
先ほどの普通徴収で申告してください。

 

青色申告の届け出をすると控除が

 

個人で確定申告する場合は「個人事業主」
として青色申告した方が得です。

青色申告の届け出は最寄りの税務署に行けば簡単に出来ます。

青色申告のメリットは「最大65万円の控除」が受けれる事ですね。

副業で年間120万利益があったとして
青色申告しないと120万円に対しての税金の支払いになります。

青色申告で確定申告すると
120万円から65万円の控除が受けれるので
実質55万円に対しての税金の支払いになるんですね。

ただ申告するだけで65万円分の税金の支払いが少なくなるので
青色申告の手続きを済ませる事をオススメします^^

 

※青色申告したからって会社にバレる心配はありません。

 

まとめ

 

頼める家族がいるなら頼む。
頼める家族がいなければ普通徴税での申告。
申告する際は青色申告でする。

 

このやり方で控除を受けた上で
会社にバレずに確定申告が出来ます。

 

最後に、確定申告を税理士に頼んだ時の相場ですが

月額顧問料10000円~15000円
決算費用8万円~20万円(規模により変動)

 

このようになっています。
仕入れや経費のレシートを全て送ってしまえば
後は全てやってくれるので非常に楽ですね^^
しっかり稼いで、プロに外注するという思考で
せどりに取り組んでみてください!

無申告はガチでやめましょう!

 

今日も読んでいただきありがとうございました!

 

ゴウ
最後にお知らせがあります!

僕の中古せどりノウハウを詰め込んだ
「プラせどバイブル」を配付中!
僕の渾身の無料E-BOOKです!!

 

出品コンディションの見極め方法
販売価格を決めるための思考法を
しっかりと学べる内容です。

しかも渡すのはノウハウだけではなく
ガチ仕入れリスト付きです

仕入れ70800円
見込み利益額83800円
仕入れ14商品
1日の仕入れリストです!

商品名とASINコードも全て記載しているので
販売価格の感覚を勉強も出来て
仕入れのジャンルも分かります。

相当気合い入れて作りましたので
ぜひ下のプラせどバイブルをクリックして
今すぐに受け取ってくださいね!!

「プラせどバイブル」
※クリックでページに飛びます

※プラせどバイブルが
迷惑メールに届く可能性が高いので

(特にgmailとhotmail)
迷惑メールフォルダも必ず確認して下さい!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

片平剛

片平剛   [経歴] 高校卒業後に勤めたバイト先のオーナーとの 金銭トラブルで借金200万円を抱える。 その後、営業会社に務め返済を試みるも、 長時間労働や日々の残業に嫌気がさし、 インターネットで別の道を調べていたところ、 せどりの世界と出会う。 2012年12月にせどりをスタートし、 2013年6月に某せどりツアーに参加し月商100万円(利益40万円)、 2014年12月には月商200万円(利益80万円)達成し、借金を完済。 しかし、この時に週6で仕入れと出品作業を繰り返した事で「せどり」が嫌いになる。 以上の経験から「稼げるとしても無理は続かない」と考え、出品作業を外注化した「無理のないせどりスタイル」を確立。 現在は月に1度のせどり仲間との遠征仕入れを楽しみながら稼ぎ続けている。