僕が強制的にお金を稼がなくてはいけなくなった過去を告白します

いつもありがとうございますゴウです

これは、僕がまだビジネスを
知らなかった会社員時代から
今の人生に至るまでを描いたものです。

借金があったり・・
信頼してた人がいなくなったり・・
超絶ブラック企業で働いたり・・

 

今でこそ笑い話ですが・・・
まあ色々ありましたね(笑)

僕のことを詳しく知りたい、
という方はぜひお読みください。

 

平穏な日々(雀荘)

高校を卒業後、特にやりたい事もなかった僕が選んだのは「浪人生活」でした。

就職する=遊べなくなるぐらいに思っていたので就職という選択肢はなく
とりあえず親に大学行けと言われていたので選んだ道です。

近所の予備校に通っていました。
しかし、通いだしたものの軽い気持ちで決めたので
勉強を続ける事もなく、結局3か月程で浪人生活は終了。

すぐにフリーター生活がスタートしました。

週に3~4日程アルバイトをして月に10万円ほど稼いで実家住まい。
恥ずかしい話ですが・・・・
当然、家にお金を入れてもいない。
職業は実家パラサイトフリーター(笑)。

そんな状況でハマっていたのが麻雀でした。


最初は友達同士でやるだけでしたが、
フリーターで時間という資産だけは大量にあったので雀荘に通うように

お金を儲けるというよりも、
純粋に麻雀というゲームを楽しんでいました。
夜8時頃にバイトを終えて雀荘に行き
朝方まで入り浸ったりもしていました。

雀荘に行くと知らない人同士で麻雀をするんですが、
笑いあったりしているうちに自然と仲良くなっていました。

連絡先の交換とかはしなくても、
雀荘で会えば挨拶しておしゃべりしたりするような関係になる事もあります。
そして、当然お店の人とも仲良くなり、色々話します。

 

当時、横浜の雀荘に通ってたんですが
店員の方がすごく気さくで元気に接客していました。

みんな麻雀が好きで仕事にしている人たち。

フリーターで毎日何となく
過ごしているだけの僕からしたら
店員さんが輝いて見え、こう思いました。

『俺もこんなに麻雀が好きだから、雀荘で働こう!』

もうその時から、
思い立ったらすぐに行動するスタイルでしたw

雀荘で働く生活がスタート

まずは働ける雀荘を探すのがスタートしました。

さすがに自分が通ってたお店で働くのは
なんか恥ずかしいので
別の店を探しました。

結局、家から30分程の距離にある
Hというお店で働く事になりました。
就活を始めて間もなくオープンした雀荘です。

雀荘で働くためには、
・点数計算
・基本的なルールの把握
という二つができるという条件があるんです。

僕は連日の雀荘通いで身に付けていて
そこはなんなくクリア。
シフトもいつでも入れると伝えたので即採用でした。

週6日、10時から22時までの勤務です。

それからは目的がなく過ごすだけの日々から脱却し、
充実した日々を送っていました。

オーナーも僕の仕事ぶりを見て気に入ってくれていました。
オーナーはすごい男気があって
面倒見が良く、野心に満ち溢れている。
そんな尊敬できる男でした。

 

そんなオーナーの事を信頼していたし
僕はこの人について行く!と思ってました。

雀荘が「高座渋谷」という駅にあったので
「高座渋谷のホリエモン」とも言われていましたね(笑)

 

怪しい話に乗っかり借金200万

働いて1年ほど経つとオーナーから
「店長をやってみないか?」
という話が来ました。

僕は尊敬しているオーナから言われたので
二つ返事で「やります!」と伝えると、

『せっかくだから共同経営にしないか?』という提案が。

僕は経営という響きにすごく魅力を感じました。
共同経営の条件は200万の出資。

いきなり200万なんてお金を用意できるはずはなく
僕は消費者金融などあらゆる手段でお金を工面しました。

「俺も経営者の仲間入りだ!成り上がるチャンスだ!」
頭は勝手な妄想で沸点状態になってます。
消費者金融をかけずり回り、
何とか200万円を工面しました。

もう、僕の頭は沸騰しちゃってるので
消費者金融に何の抵抗もなかったです(笑)
むしろ「すぐ貸してくれてすごいな!」
なんて能天気な考えでしたね(笑)

 

いよいよ共同経営のスタート!!

しかし、、、、
1週間後にオーナーが音信不通に・・・・。

ここでようやく『やられた!!!』と気づきます。
今でもこの時の事絵を思い出すと
「遅いよ!!」とツッコミたくなりますね。。。

オーナがいなくなってから発覚したのは
雀荘の経営状態は悪くて大赤字。

オーナーは家賃もずっと滞納して
借金まみれだと聞きました。

更に周りに話を聞くと、
他の従業員も同様の手口をくらい
オーナーにお金を渡していたという事実が発覚。

「なんだこれおい・・。」

いきなり借金200万

1週間前は希望に満ち溢れていたのに
いきなり借金200万でお先真っ暗・・。

こんな単純なやり方でお金を取られて・・
恥ずかしいし、悔し過ぎる・・・。
まさに絶望していました。

ちゃんと大学に行って就職してれば
こんな目に合わずに済んだんじゃないか。
後悔の涙が溢れて止まらなくなりました。

 

俺の人生は終わってしまった・・・。

とにかく絶望につぐ絶望・・。
しかし時間が経つにつれて
「怒り」がフツフツと湧いて来ました。

全部オーナのせいでオーナーが悪い!
絶対、見つけ出してやる!
見つけ出して金を回収だ!!
そして人生をリスタートする!!

と意気込んで行動を開始します。
しかし見つかるはずないんですよね(笑)

 

オーナと共通の知り合いに電話してもみんな連絡が取れないよう。

 

そこで、オーナーの家に行きました。
いる可能性は限りなく低いとしても
いてもたってもいられなかったんです。

オーナーのマンションの部屋の前に到着。
とりあえず扉に耳を当てましたが
何の物音もないし人の気配もゼロ。

 

深呼吸してドアノブに手をかけてひねると

「ガチャン。。。」

鍵が開いてるんですね。
「マジか!」と思い、僕は部屋に突入します。

うん。もぬけの殻ですよね(笑)
絵に描いたようなもぬけの殻。

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

 

 

 

「チクショウ!!」

 

腹の底からこの言葉を叫んでました(笑)
あんな心からのチクショウは聞いた事ないし
今後の人生でも出ないでしょう(笑)

 

自分の事じゃないように思えるくらい
あの時の絶望感はすさまじいものでした。

 

チクショウと言い放ってから数十分・・
何とか冷静さを取り戻しました。

何はともあれ、借金は僕の名義。
とにかく借金を返さなくてはいけない。

オーナーを恨んでいてもどうにもならない。
自分の意志でオーナにお金を渡したんだ。
自分でやった事だから、自分で解決しよう。

こう考えたら突然心がスッキリしました。
オーナーが見つからないという確信を持った事で覚悟が決まりました。

 

いま思えばこの借金を背負ったことが
人生のターニングポイントだったなと確信してます。

自動的にお金を稼がなきゃいけない状況になり
稼ぐという事に対して覚悟が決まりました。

 

完全社畜な会社員時代

 

まず僕は借金を確実に返すため、
借金の支払いの計算をしました。

計算すると、
毎月17万くらいが借金の支払いに
あてなければならないことに。

当時は利息が高かったので、
17万の内、半分くらいが利息でした。

1年で返すと考えると、
20万を1年間払えばほぼ返せる計算。

僕は40万稼げば
20万返して20万残るので
普通に生活できると考えました。

しかし、、、

40万稼ぐなんて言っても、
僕には特別な資格やスキルもないしどうすればいいのか
全く分からない状況でした。

ただそんなことも言ってられず行動せねばと
タウンワークを見ていると、
「未経験でも月収40万」
と書いてる会社。

仕事内容は営業です。

営業は厳しいというイメージがありましたが
借金という大きな問題があったので
とにかくやるしかありませんでした。

そしてその会社の面接に行き、
運よく雇ってもらえる事に。

嬉しさよりも「稼いでやる!」
という気持ちでいっぱいでした。

実際に営業の仕事は全力で取り組み、
順調に結果を出せました。

 

基本給は少ないですが(14万
歩合が大きい仕事だったので、
初月から30万程稼ぐことに成功。

借金返済20万円を払って、
そこそこお金は手元に残りました。

仕事時間は、
午前10時に始まり会社を出るのは23時ごろ。
更に休みは月に6日働いてる時間は長いですが、
これからもっと稼げるという自信も出てきましたし、
順調に借金を返せるペースでした。

この時は友達と遊ぶ事もなく、
仕事を最優先して生活していました。

年内に借金の返済は出来るという確信も
持つ事が出来ていました。

しかし、、、

挫折・苦しい 営業会社での日々

 

※社畜ピーク時の1枚。
ストレスからくる深夜ラーメン+運動不足で

今よりも10キロ以上太ってました。
髪型もなんか変な感じ・・・・(笑)

僕が入社した時は
従業員5人ほどの小さな会社で、
組織というよりも個人として仕事をしてる感じでした。

しかし、会社がどんどん業務拡大をし、
15人ほど営業マン補充。

そして営業マンが増えると
班単位で動く事が多くなりました。

僕は入社時期も早く、
結果もそこそこだったので班長をやらされる事に。
これが地獄の始まりでした。

今までは自分のために働いている実感がありましたが、
班長になると班員の管理もしなければいけませんし、
余計な雑務が増えていきます。

中でも特に嫌だったのが班長会議。

仕事が終わった23時ごろから始まり
残業代も出ず、社長の話を一方的に聞くだけ無意味な時間。

それが必ず週に1回あり、
遅い時には夜中の3時ごろまで続く事もありました。
これがとにかく苦痛でした。

そして次の日もいつも通り
10時に出社するんですが、
当然眠いワケです。

あまりの疲労に限界がきて、
現場に行って雑務をこなすフリをして、
営業車で誰にも見つからない場所に行き、
寝てることが多くなりました。

当然結果が出ず、
歩合給もどんどん下がります。

班長がこんな感じなので、
班の数字も上がらず、会社で怒られる回数も増えて行きました。

「なんで出来ないんだ?!」
と言われることも多々ありましたが

いくらなんでも
『サボってました』
なんてさすがに言えません。

 

思いついた言い訳を適当に言い、
適当過ぎてつじつまが合わなくなり
さらに怒られる。それが日課になってました。

また班長になって会議、
ミーティングの時間が増えて
飛び込み営業の時間が減りました。

同じ立場の班長同士で仕事終わりに集まって
愚痴ばかりの飲み会もするように。

「ウチの会社は終わってる」
「正当な評価はしてくれない」
「他の会社の方が待遇が良い」

 

生産性のある話はゼロです。
そしてその頃になると給料も20万くらいまで
落ちてました。

借金の返済があるくせに飲み会でお金を使い、
借金も減らない日々に突入。

この頃、給料をもらって、
借金返済で17万支払いすると、
利息9万円だったんですね。

そうすると、
17万払えば9万円引いても、
8万円は引き出せるんですね。

こうして毎月支払っては引き出し、
という自転車操業状態になりました。

この時は何も考える事が出来ないくらい
時間に追われ『忙しい』が口癖でした

毎日、怒られた時の言い訳だけを考える日々。

 

借金を返すという目標も忘れ
毎日通勤するロボットのようになっていました。

借金を返すと決めて
営業の世界に飛び込んだにもかかわらず
気づけば1年経ち愚痴を言いながら仕事をするだけの日々。

さらに毎日毎日、怒られ、
ストレスは溜まり続ける。

僕は会社に行くのがイヤだという気持ちを通りこして、
会社に行くのが怖くなっていきました。

しかし当時の僕には、
連帯感という見えない呪縛があり、
自分が辞めると他の社員に迷惑がかかるし、
仕事が回らなくなる、、、

こういう呪縛から抜け出す事が出来ませんでした。
こうして愚痴まみれの生活を
続けていたんですが・・・

だんだんストレスがかかり過ぎて
体調が悪くなってきました・・。

お腹の調子がいつも悪く、
毎日全然起きれないし、
気分もゆううつでやる気もない。

毎日時間ぎりぎりで出社していましたが、
ある時ついに寝坊してしまいます。

10時出勤なのに、
起きたら11時・・・。

「やばい。これは相当怒られるぞ・・・・。むしろ死にたい・・。」

 

こんな風に本気で思っていたので
相当ヤバイ精神状態だったでしょう。

 

もう出社時間も過ぎているし、
会社からの大量の着信が履歴にあって
寝坊は100%ばれてる状態です。

とりあえずスーツに着替えて、
家は出ることにしましたが、
あまりに怖くて会社行けませんでした。

寝坊の言い訳しようか考えて駅を歩いてましたが
その間も着信があり、どんどん罪が重くなる一方。
とにかく怖くて会社に行くことができませんでした。

そこで僕はこのまま辞めたほうがいい。
そうすれば怒られない。

後先の事は考えずに、
とにかく目の前の問題から逃げるという選択を
しました。

とにかくもう会社には行かない。
そう決心した僕は会社で直属の上司に電話をしました。

『もう辞めます・・』
すると意外とあっさり承諾はしてくれました。
悲壮感にまみれて仕事している僕から
辞めそうな空気が出てたので気づいてたんだと思います。

そして上司は
「辞めるのは分かったから、
一度直接会って話をするべきだから後で会社に来い。」
と言いました。

そう言われて僕は
「最後だしちゃんと挨拶しよう。」
と思い夜に会社に出社することに。

しかし、、、

いざ会社に行ってみると、
鬼のような説得が始まりました。

辞める事を承諾したというのは
言葉だけでした。

「これから会社の体制を良くする」
「時間もキッチリやるようにするだからもう少し一緒に頑張ろう!」

と、部長、マネージャーという
絶対的だった存在2人から説得をされ続けました。

もちろん、
僕の意思は変わらない事を伝えました。

しかし、承諾はしてくれず結局3時間くらいしゃべっていました。

本当に無駄な時間です。

そこで、僕はこれ以上話しても出口がないと思い、
説得に応じたふりをしました。

「明日からまた頑張ります。」と。
そうしてやっと解放。

 

で、次の日の朝に
メールで辞める意思に変わりがないと
再度伝えました。

何回か着信はありましたが、
もうそこは出ないで終わりです。
また説得されてもイヤなので。

僕の気持ちはもう次に向かってました。
仕事辞めても借金を返さなくてはいけない事実は
まだ残っていましたから。

それから何をすればいいのかと考えていた所、
タイミング良く知り合いからフランチャイズの仕事
紹介してもらえる事になりました。
仕事内容は廃品回収。

軽トラックのリース代、

・広告費などを払って残りは給料
というシステムです。

この仕事はそこそこ稼ぐ事が出来、
借金も少しずつ減らせたし、完全に1人での仕事なのでストレスもなく生活が出来ていました。

このままこの生活が続けばいいなと思っていましたが、
地デジによるテレビの交換依頼も徐々に減っていき、
給料も徐々に下降気味に。

またまた収入の危機に陥ってしまいました。

克服(せどりとの出会い)

『このままだとマズい!』
と思いながらも、もうあらゆることに
失敗してきた僕は何していいかも分からなくなってきました。

ただ、当時すでにiphoneを持っていたので
ネットで色々な情報を見てはいたんですね。

インターネットで検索をしていると
・誰でもワンクリックで100万円!
・コピペで月収200万

みたいな広告を良く目にしてましたが
「どうせ怪しい仕事だろ」
と信じてはいませんでした。

そんな中、フェイスブックぼんやり眺めていた時に

「ネットで稼ぎたいならまずは物販ビジネスをやるべきだ。」
という情報を目にしました。

『物販って何だろ?』
とその時は何となく気になり

「ネット、稼ぐ、物販」
でグーグルで調べてみたんです。

すると、
『ブックオフでDVDを仕入れて
ネットで販売して100万稼いでます。』
って書いてありました。

それがものすごく気になり、
「ブックオフでお金が稼げるってどういう事??」
と思いさらに調べたんですね。

調べていくとそれが
「せどり」というビジネスであることが
わかりました。

せどりとは
中古ショップなどで安く商品を仕入れて、
ネットで高く販売する、というビジネスモデルです。

僕はこれに夢中になって
色々な人のブログとかを読み漁りました。

その中でも非常に印象に残った言葉が
「旅行ついでにせどりをして稼いできました!」
という言葉

 

「旅行に行って楽しんだついでに稼ぐ!?
そんな事がホントに出来るなら最高の仕事だ!」
と思いさらに情報を調べました。

どんどん調べていくと

「せどりすと」
というアプリで商品価格を検索して、
ネットで販売するという流れが分かりました。

とりあえず「せどりすと」
無料でダウンロードしてみることに。

この時僕は、
『今の仕事は下り坂だけど
これで俺は未来が見えた!
せどりで時間と場所に縛られずに稼いでやる!』

と意気込んでブックオフに行きました。

しかし、いざ行ってみると、
商品が多すぎて全然分からない、、、

期待に胸を膨らませていったものの、
あまりの商品数に圧倒的な絶望感に包まれました。

とりあえずその日は
わけもわからず何個か検索して帰宅。

その後も、
仕事の合間と仕事終わりにブックオフに行きますが、
全然分かりませんでした。

『結局、何度言っても訳がわからない、、、』
そこでまたネット検索していると
せどりの教材の存在をしりました。

僕が見たのは9800円の教材。

DVDのせどりで毎月100万稼ぐ方法という教材で
『100万稼ぐのに9800円なら安い!』
と思い、即購入w

教材の内容はブックオフで
限定品などのDVDを仕入れて
ヤフオクで販売するという方法です。

僕は月収100万稼げると意気込んでブックオフに行きました。

そして教材に書いてある通り
DVDの限定商品を調べると利益の出そうな商品はそこそこ見つかりました。

しかし、仕入れ値が3000~5000円くらいで利益は1000円程度。

これだと仕入れ資金がかなり必要だな・・・
とは思いながらもとにかく仕入れて実践する事に。

ヤフオクの評価ゼロからの販売スタート

DVDせどりにはヤフオクのアカウントが必要らしく、
アカウントを作成。

そして何とか出品しましたが全然売れません・・。
これは当然の事なんですが当時は分かっていませんでした。

ヤフオクで販売する時には
評価とページの作りこみが大切ですが、
ページの作りこみはツールを使わないと出来ません。

しかし、評価ゼロのアカウントで
ツールも使わない僕は商品が売れるはずがありませんでした。

ただ、利益の出そうな商品は見つかるので

『いつか上手く行きだす!』
と信じて仕入れは続けていました。

大量の売れない商品を抱える

仕入れた商品は増えますが売れるスピードは遅い。
気づけば出品する商品だけがどんどん増えていきました。

しかもDVDは高かったので、
1日で仕入れ金額が10万行くこともあります。

そんな単価の高い商品を仕入れて売れないので
お金がどんどん減っていきました。

毎日が不安ですが、
これでやるしかないと思い込んでいるのでやり続けました。
いつか上手く行くと信じて。

結果、100万円ほどあった貯金を
ほぼ仕入れに回して・・・

売れない在庫だらけの状況に。

生活費も危ういレベルで、
ブックオフで仕入れた商品を
またブックオフに売りに行く事を考えました。

「どんだけブックオフに貢献すんだよ!」
と自分に嫌気がさしました。笑

そして
『ブックオフだと買取が安そうだから、
他に売れる場所ないかな?』
と調べているときにAmazonの存在に気付きます。

Amazonは手数料が高いし
出品が難しいとうイメージを持ってました。

とりあえず在庫処分だし気軽に出そうと思い、
ユーチューブなどで勉強して何とかFBAを利用出来ました。

この時に出品した商品は
ヤフオクで多少赤字で出品しても
売れ残った商品がほとんどです。

次の日の午前中には無事に出品されていました。
やってみると意外と簡単だなという印象です。

そして、お昼頃に売れ行きを確認すると、、、

ヤフオクでは全然動かなかった商品が
5個くらい売れていました。

かなり安く出したにしろ衝撃が走りました。

「評価ゼロでも安く出せば売れるのか。
Amazonすげえ!!」

そして、夜には10個近くの商品が売れていました。

手数料引いてもギリギリ赤字にならないくらい。
とにかく現在所持している在庫をどんどん出品して
現金に変える事にしました。

今まではせどり=ヤフオクだと思っていましたが
Amazonでせどりをする事にとてつもない可能性を感じました。

そして僕は販売先をAmazonに変更し、
Amazonを活用したせどり情報を夢中で探しました。

色々調べると、
家電量販店の新品商品でも出来る、
という事も分かりました。

しかし、この方法は資金がかなり必要なので断念。

更に調べていった結果、
中古せどりが利益率が高いという事が分かりました。

そして当時、
僕はそこまでお金に余裕がなかったので
中古せどりの情報をとにかく調べました。

その時、Amazonで在庫処分をして
現金を作ってはいたものの、フランチャイズの仕事も
ほぼ稼げなくなり失敗が許されない状況でした。

自分一人で考えて行動しても失敗するんじゃないか?
という不安が非常に強かったです。

だから僕はすでに成功している人の
コンサルティングを受けようと決意しました。

今まで自分の知識に投資をした事は
一度もなかったのでものすごい抵抗がありました。

ただ、これで成功すれば
お金と時間の自由が得られると思うと
やるしかなと覚悟を決めたんです。

今までの人生は借金やブラック企業での社畜労働により
お金と時間の自由を奪われていました。

もう何としてでもこれをクリアにしたい。
その気持ちだけでした。

そしてせどりで結果を出している人を調べまくり、
自分が教わりたいという人を探しました。

そして幸運にも僕は
すごく良い方にせどりを教わる事が出来ました。
主に中古せどりをメインで行っている人です。

その方の丁寧に教えていただいた後は
がむしゃらに行動しました。

初めて営業活動をした時と一緒で
とにかく行動量を増やしました。

その結果、
コンサルティングを受けて1月後に月商100万円、
利益40万円を達成する事が出来ました。

この時にフランチャイズの仕事を辞めて
せどり一本で生計を立てると決意。

その後は更に知識に投資し、
夢中でせどりに取り組み、
月商200万、利益80万を達成して、
気づけば借金も完済!!

この時の爽快感はたまりませんでした。

あれだけ苦しんできた借金がすべてなくなり、
自分で稼いだお金を全て自分で使える。。。

こんなに幸せがあるのかと。

 

想いや理念(理想像)

現在僕は騙されて借金を抱えた時期から
苦しかったブラック企業での社畜な日々、
そして上手く試行錯誤しながら取り組んだビジネスを経て、

・時間
・お金
・人間関係
の自由を手に入れる事が出来ました。

毎日好きな時間に起きて、
好きな場所に、好きな人と行く事が出来ます。

きっかけは
200万の借金をして強制的に人生を変えられたこと、
そして成功できたのは腹をくくって行動出来たからだと思っています。

僕の過去はハッキリ言って
誰にも自慢出来るものではありませんが、

未来を変えるために行動をしていけば、
過去を変える事も出来ます。

仮に現在の僕が、
昔と同じく借金まみれでずーっと会社で仕事をして、
あらゆる事に我慢を強いられてるとしたらどうなるか?と言ったら、

「あそこでなんでオーナーにお金を渡しちゃったんだろう・・・」
と思いながら後悔の念に悩まされ、借金の事など人には話せないはずです。

今ではむしろオーナーに感謝していますし、
借金の事や営業会社で追い詰められた事なんて
笑い話になるくらいです。

理想の未来を手に入れたおかげで
過去の出来事の認識を変えることができました。

世の中に色々なビジネス、
稼げる情報がありますが、
僕は最初の一歩としてせどりがダントツでおススメです。

資金も10万円くらいでも出来ますし、
スキル、経験といったモノも必要ありません。
個人でビジネスをやったことがない初心者には
特にお勧めです。

せどりは正しい知識と行動力があれば
結果が出るビジネスです。。

そして『あなたの今』
仮にどんなに悲惨な状況だろうと、
しっかり稼げば笑い話になります。

大体、僕より悲惨な人って
あまりいないと思いますし。笑

色々な問題を抱えていても
未来を良くして笑い話にして欲しい。
そう思っています。

これだけインターネットが普及した時代で
個人で稼いで生活する事は難しくありません。

僕は自分の発信を通して、
『会社員として一生を過ごすだけでなく、
自分のような生き方もあるんだよ』
という発信を示していきたいと考えています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^!!

ゴウ
最後にお知らせがあります!

僕の中古せどりノウハウを詰め込んだ
「プラせどバイブル」を配付中!
僕の渾身の無料E-BOOKです!!

 

出品コンディションの見極め方法
販売価格を決めるための思考法を
しっかりと学べる内容です。

しかも渡すのはノウハウだけではなく
ガチ仕入れリスト付きです

仕入れ70800円
見込み利益額83800円
仕入れ14商品
1日の仕入れリストです!

商品名とASINコードも全て記載しているので
販売価格の感覚を勉強も出来て
仕入れのジャンルも分かります。

相当気合い入れて作りましたので
ぜひ受け取ってくださいね!!

「プラせどバイブル」
※クリックでページに飛びます

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

片平剛

片平剛   [経歴] 高校卒業後に勤めたバイト先のオーナーとの 金銭トラブルで借金200万円を抱える。 その後、営業会社に務め返済を試みるも、 長時間労働や日々の残業に嫌気がさし、 インターネットで別の道を調べていたところ、 せどりの世界と出会う。 2012年12月にせどりをスタートし、 2013年6月に某せどりツアーに参加し月商100万円(利益40万円)、 2014年12月には月商200万円(利益80万円)達成し、借金を完済。 しかし、この時に週6で仕入れと出品作業を繰り返した事で「せどり」が嫌いになる。 以上の経験から「稼げるとしても無理は続かない」と考え、出品作業を外注化した「無理のないせどりスタイル」を確立。 現在は月に1度のせどり仲間との遠征仕入れを楽しみながら稼ぎ続けている。