【せどりのやり方】500円で仕入れて3800円で売る!圧倒的に稼ぐジャンクせどり!

いつもありがとうございます!
プラせどの片平です。

 

せどり初心者にオススメなのは
圧倒的にジャンクせどりです。

好きなジャンルを仕入れましょう!
というせどらーもいますが
好きか嫌いかで決めるのではなく
【仕入れ単価】で決めるべきです。

 

1000円以下で仕入れが出来て
利益率40%を超える事が可能な
ジャンクせどりのポイントについて
今回の記事で解説していきます。

 

ジャンクせどりで経験値を稼ぐ

せどりにおいての経験値というのは
仕入れやリサーチだけではありません。

 

「仕入れ→出品→販売」

これがせどりにおける経験値です。

店舗に行って検索しまくるだけでは
経験値が貯まっていかないんですね。
仕入れた商品をAmazonに出品すると
感覚をつかむ事が出来るんです。

 

「思ったより早く売れた」
「考えたよりも安値だった」

 

利益が出ても出なくても
これこそが経験値なんですよね。
これは出品しないと掴めない感覚です。

 

せどりでしっかりと稼いでる人は
このような経験値が多いんです。

 

利益が出た商品や損切りした商品。
どちらにしても圧倒的な商品を
Amazonに出品して販売してます。

 

このようにせどりで稼ぐために
多くの経験値を得るためには
仕入れ値が安い方がいいです。

仕入れが金額のリスク

僕はせどりに出会った最初は
DVDせどりからスタートしました。

 

「まずは経験値」だと考えていたので
「利益が出そうだ!!」と感じたら
とにかく仕入れて販売していましたね。

 

しかし、DVDせどりを続けた結果、
せどりで稼ぐスキルが身につく前に
資金ショートする事になりました。

DVDは基本的に商品単価が高いので
通常のDVDでも1000〜3000円。
BOXとなると5000円超えて来ます。

 

肝心の利益率は20%くらいですね。
※5000円仕入れ9800円販売
 利益2000円のような感じ

 

最初に100万円現金がありましたが
仕入れる商品は3000円とか
時には1万円超えのDVDセットも。

 

こんな仕入れを繰り返したので
すぐに資金がなくなったんです。

 

最初から高単価の商品を扱うのは
資金ショートの可能性があるので
非常にリスクが高いです。

 

1商品で3000円とか5000円の
商品ばかり扱うのではなく
1商品500円程の程単価の商品を
仕入れて販売した方が低リスクです。

 

それに低単価なら多くの商品を
仕入れて販売する事が出来ますからね!

 

そういう視点から考えても
せどりの中でもジャンク仕入れは
非常にオススメな手法となります。

低資金仕入れといえばジャンク!

仕入れ資金が安いといえば
圧倒的にジャンクコーナーです。

 

しかし仕入れ資金が安いという反面
「商品が壊れてるんじゃないか!?」
というのが心配な所ですよね。
当然僕も思っていました。

 

いくら仕入れが安いとは言っても
壊れていて売り物にならなければ
全く意味がありませんよね??

 

ここからハードオフなどの
ジャンクコーナーの商品というのは
どういう状態なのか?を説明します。

ハードオフのジャンクは2種類

ハードオフジャンクの商品は
1、動作確認して壊れている
2、動作確認していない
の2種類があります。

1の壊れてる商品に関しては
修理して販売が出来るのであれば
仕入れ対象の商品となります

 

僕は修理はやらないので・・・
2、動作確認していない
こちらの商品を狙って仕入れます。

動作確認していないからと言っても
全部が全部壊れてるのではなく
正常に動くジャンク品も存在します。

 

動作未確認の商品をリサーチして
価格差があって利益が出るならば
動作するか判断する!
このような流れになりますね!

先に「動作するか」判断するよりも
まずは価格差を見ましょう!
優先順位は価格差です!

ここからジャンク商品を仕入れる時の
一連の流れを説明していきますね!

ジャンク仕入れの手順★

1、価格差をチェック
2、価格差があれば売れ行きの確認
3、最後に状態確認する

 

 

価格差をチェック

まずは価格差をチェックです。
こちらのリモコンで説明します。

リモコンを500円で仕入れました。
写真の右下に型番が書いてあります。
「GA616PA」←これが型番です。

この型番であるGA616PA
「せどりすと」に入力して検索します。

 

★2018年12月更新★

Amazonからデータを取るための
【AWS設定】の設定をしないと
せどりすとでキーワード検索しても
検索エラーという表示になります。

 

①Amazonアプリで型番検索して
 ASINコードをモノレート入力
②Amacodeに型番を入力

 

AWS設定を完了してなければ
①か②の方法で検索して下さい。

商品カタログが出てくるので
型番が合ってるか確認します。

 

型番が合ってる事が確認できたら
次に見るのは「価格差」になります。

 

せどりすとの商品ページには
中古の最安値が表示されます。
「3799より」と書いてありますね?

このリモコンの仕入れ値が500円で
中古の最安値が3799円なので
利益が出る可能性が高いです。

 

ただし新品の価格が4200円と
そこまで高くはないので
新品の価格も考慮して値段を決めましょう。

★販売価格の決め方★

中古商品は新品価格も重要です。

今回の場合だと新品4200円なので
状態の良い中古商品だとしても
3200円が限界だと考えます。

 

新品より1000円安い中古なら
買う人がいると考える事が出来ます。

とはいえ新品より1000円安い中古を
選ぶ人が多いとは考えにくいです。
10人中2〜3人くらいですかね?

 

なので固く売り切る事を考えて
僕だったら2480とか2980円
販売価格を設定します。

 

 

利益が出るならモノレート

せどりすとの画面から
直接モノレートに飛ぶ事が出来ます。

モノレートの3つあるグラフの中で
1番下のグラフが商品の売行きを
確認するためのグラフです。


①売行きがいいグラフ

②あまり売れていないグラフ

 

①波が強い=売れている
②波が弱い=あまり売れてない

これが売行きを確認する方法です。
売行きがいい商品を「波形が強い!」
と言ったりしますね!

 

①のグラフが今回のリモコンです。
波形が強いので売行きが良いですね!

 

どれだけ価格差があったとしても
売れなければ意味がいないので
②のグラフのように波形が弱ければ
仕入れ対象外となります。

このような流れで・・・
価格差と売れ行きに問題なければ
いよいよ状態のチェックになります。

 

ジャンクは最後に状態確認

リモコンの場合の状態確認では
電池の接続部分が重要です。

 

電池の接続部分が錆びてたり
金属部分が外れていると
正常に動作しないんですね。

 

今回仕入れをしたリモコンは
錆びや破損がなくキレイでした。
このくらいキレイであれば
かなり高い確率で動作しますね!

 

【仕入れ対象外の写真】↓

上の写真のように錆びていると
上手く動作しない事がほとんどです。
電池蓋の中がキレイなら仕入れOK。
サビなどがあれば仕入れNGです。

 

リモコン繰り返し販売した結果、
外観がキレイでサビがなければ
ほぼ正常に動きます。

 

最近のハードオフには
動作確認コーナーがあるので
店舗で動作チェックすれば安心ですね!

 

「電池貸していただけますか?」
丁寧に頼めば貸してくれます。

 

それか自分で電池を持ち込んで
「これで確認しても良いですか?」
聞いて確認するのも良いですね。

 

 

最後に・・

ジャンクせどりは手間がかかりますし
非常に地味な作業ではありますが
リスクが少ないのでオススメです。

 

たくさん販売して経験値を積めば
どんどん効率化していきますし
商品単価を上げて大きく稼ぐ事も出来ます。

 

ただし勘違いして欲しくないのは
「ラク」ではないという事です。

 

やり方を覚えてハードオフに行っても
ジャンクコーナーの商品数の多さに
心が折れる人がほとんどです。

 

ジャンクコーナの商品って
ほとんどが汚いですし
価格差もないし売行きも悪いです。

 

最初なんて50個調べて
1個仕入れが出来ればいい方です。

 

ジャンクせどりで稼いでいくためには
仕入れなかった49個の商品を
いかに覚えるかが重要ですね。

 

僕はジャンクコーナに関して
利益の出る商品を知ってるより

 

モノレートの波形がなかったり
Amazonで1円で売ってたりする
検索するだけ時間のムダになる商品を
大量に知ってるからなんですね。

 

最初から順調に出来ないですし
仕入れが出来いとしても
何にも問題ありません。

 

50個検索して1個仕入れても
49個の売れない商品を知れた事
価値があるんですよね!

 

真剣に取り組んだのであれば
少しずつ確実に進めているので
せどりで稼ぐまでやり続けましょうね!

 

それでは本日は以上となります。
ありがとうございました!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

片平剛

片平剛   [経歴] 高校卒業後に勤めたバイト先のオーナーとの 金銭トラブルで借金200万円を抱える。 その後、営業会社に務め返済を試みるも、 長時間労働や日々の残業に嫌気がさし、 インターネットで別の道を調べていたところ、 せどりの世界と出会う。 2012年12月にせどりをスタートし、 2013年6月に某せどりツアーに参加し月商100万円(利益40万円)、 2014年12月には月商200万円(利益80万円)達成し、借金を完済。 しかし、この時に週6で仕入れと出品作業を繰り返した事で「せどり」が嫌いになる。 以上の経験から「稼げるとしても無理は続かない」と考え、出品作業を外注化した「無理のないせどりスタイル」を確立。 現在は月に1度のせどり仲間との遠征仕入れを楽しみながら稼ぎ続けている。